2020-04

哲学

カントの道徳法則とはー道徳を具体的に考える

カントの道徳法則を説明しています。21世紀の哲学において、倫理はまた重要視されています。その倫理はどのように考えられているのか知ることは、現代の思想を解くカギになります。
自己啓発

ポストキャピタリズムとはーポールメイソンの脱資本主義

ポストキャピタリズムとは、ポールメイソンの説く脱資本主義の世界です。資本主義以後の世界を語ることは難しいと言われていますが、彼はどのように説いたのでしょうか。
哲学

レヴィナスの「顔」とはー全体主義との関係をわかりやすく解説

レヴィナスの「顔」とはなにか。全体主義との関係をわかりやすく解説しています。社会が不安定なときに全体主義に取り込まれないための知識を身に付けられます。
哲学

ブリコラージュとはー構造主義からわかりやすく解説

ブリコラージュを構造主義からわかりやすく解説しています。構造主義はレヴィ=ストロースの「野生の思考」からでてきた言葉です。ブリコラージュを知って、応用力を鍛えよう。
自己啓発

【 新型コロナウイルスの真実 】(岩田健太郎)の書評

【新型コロナウイルスの真実】(岩田健太郎)の書評です。この本は2020年4月に刊行されました。今時点で最新の情報が本により刊行されています。正しい知識をつけて、自分で判断していく重要性を説いています。
哲学

パノプティコンとはー監視社会の構造

パノプティコンとは監獄のことです。現代の監視社会の構造をみていきます。監視を意識してしまって、ストレスになる場合にそれを考えてストレス軽減につなげていきます。
哲学

マルクス・ガブリエルの【 意味の場 】をわかりやすく解説

マルクス・ガブリエルの意味の場とは何かを説明しています。意味の場はマルクス・ガブリエルの思想のキー概念になります。知るとコミュニケーションに役立ちます。
哲学

【 エピステーメー 】とはー哲学用語を知ろう

エピステーメーの意味を分かりやすく説明しています。21世紀の啓蒙だったり、21世紀の思想だったりはこの用語を抑えておくとイメージしやすくなります。
自己啓発

「21世紀の啓蒙」(スティーブン・ピンカー)からの思索

「21世紀の啓蒙」(上)スティーブン・ピンカー(2019)を読みました。この本は全米でベストセラーになっています。 21世紀の啓蒙 上 理性、科学、ヒューマニズム、進歩 この本の啓蒙という言葉については、ルソーの思想でも触れ...
哲学

ルソー「社会契約論」の成り立ちと「啓蒙主義」

ルソー「社会契約論」の成り立ちをみて、そこから「啓蒙主義」とはどのようなものか見ていきます。「21世紀の啓蒙」はベストセラーになっています。それを読み解く知識をどうぞ。
タイトルとURLをコピーしました