2020-08

哲学

クワインの「翻訳の不確定性」を具体例で紹介。

翻訳の不確定性を知ると、なぜ会話がかみ合わないのか、なぜ翻訳が問題視されるのかがわかります。知ると、その言葉自体に興味を持てるようになります。
哲学

ハイパーリアルとはー私たちが考えを変える理由。

ハイパーリアルはボードリヤールが唱えました。これを知ると、私たちが考えを変える理由がわかります。現代社会が差異の大量消費に苦しんでいることを見ていきます。
哲学

言語論的転回とはー「哲学は科学」と言われる理由

哲学は科学的である。そのように言われる理由を探っていきます。哲学は論理的です。それを見ていく為に言語論的転回を見ていきます。これを知れば、哲学をもっと身近なものとして受け入れられます。
哲学

「全体主義の克服」今の全体主義をわかりやすく解説

私たちは気がつかないうちに全体主義に組み込まれています。非民主的なインターネット、管理されるデジタル社会、など無意識に組み込まれている問題を紹介します。
哲学

哲学者とはーとっても短い哲学入門を紹介

哲学というと、難しいというイメージがあります。しかし、哲学をしている人とは、常識につまずいた人です。それは子どもなら誰しも通る道です。クイズをするように、哲学について考えてみましょう。
哲学

【 思考実験 】無知のベールと「モラリティの資本主義」

無知のベールは思考実験です。ロールズは政治から3つの原則を考えました。この視点を、マルクス・ガブリエルの「モラリティの資本主義」に応用して考えます。
哲学

「マンガで学ぶゲノム」を紹介ー遺伝子と哲学の物語

遺伝子とは何か。その過程を「マンガで学ぶゲノム」から見ていきます。これを知ると、遺伝子と哲学がどのような関係を持っているのかがわかります。
哲学

知っておきたい!フィヒテの「知識学の三本柱」とは。

マルクス・ガブリエルは21世紀「私」哲学をやるならば、フィヒテの知識学の基本思想は抑えておきべきだと語ります。ガブリエルが解説しているフィヒテの知意識学の三本柱を紹介します。
哲学

【 思考感覚とは 】なぜ思考は5感ではないのか。

思考は五感の中に入っていません。しかし、マルクス・ガブリエルは思考感覚と言う概念の導入を試みています。導入すると、人工知能で私たちが混乱しやすい事態を防ぐことができます。
タイトルとURLをコピーしました