バラ

ルイアルチュセールの名言「もしすべてがバラなら、何一つバラではない」

もしすべてがバラなら、なにひとつバラではない。

実はこの文章はルイアルチュセールという哲学者が本の中でとりあげていた表現です。

彼は、精神分析の領域と心理学の領域を差別化するのは何かと抗議でとりあげていました。

 

私には違いはわからないんですよね。

心理学ってきくと同じように感じる。

それをこの一文であらわしていました。

 

少し、この一文をおってみます。

 

もしすべてがバラなら、なにひとつばらではない。

 

これは何においても使えるんですが、このままバラで例えてみます。

 

私が花をみるときに、すべてがバラだと見ます。

すると、すべてがバラなので他の種類の花、タンポポとはすみれとか、そういったものの種類が消えるんです。

で、花の種類が消えてしまうので、バラという種類がなくなってしまう。

つまり、すべてをバラと呼んでもよくなってしまうということです。

では、拡大解釈したものを例としてあげてみます。

 

もしすべてが花なら、なに1つ花ではない。

 

花の種類が消えてしまったので、すべて花になってしまった。

で、次に花ではない状況を考えてみます。

 

すべてが花とみているときには、木とか、はえてるものを花とみてみましょう。

すると、植物を花と呼んでもよくなるということです。

 

もしすべてが植物なら、なに1つ植物ではない。

 

そうなると、動くものも植物だとなってきますよね。

 

私たちは自分にそくするものを想像するときに、もっとわかりやすくなると心理学でいわれています。

なので、自分にあてはめてみましょう。

 

もしすべての人が女性ならば、誰一人女性ではない。

意味として、男女を区別するものがなくなるから、女性がいなくなるということ。

 

私は人だということになる。

もしすべてが人ならば、誰一人人ではない。

 

さっきの植物ともつなげてみました。

この世の中には人と人ではないものを区別するものがなくなったということです。

 

どこまでいくんでしょうかね。

 

もしすべてが宇宙ならば、何一つ宇宙ではない。

 

ここにおいては区別がなくなるんですかね。

 

さて、ここで振り返ってみます。

 

私たちはどのように区別をしているんだろうと。

 

私は始めに本を読んだときに、精神分析と心理学の差異なんてわからないよと思いました。

でも、この態度でいくと区別する意味がなくなってしまうんですよね。

すると、わたしでも訳がわからない事態にまで陥ってしまっていました。

 

私は男女の区別がつくけれど、それはそのことを知っているからなんだなと。

もし何かに詳しい人がある区別を、区別何てないんじゃない?と

いわれたら、自分が混沌としたわけがわからなくなる世界にいってしまうんだろうなと。

 

でも現実問題として、男女の差がわからなくなることは多いですよね。

ジェンダー論とか。

 

ちょっと戻りますと、何かを定義するときに私たちは区別をします。

 

これは心理学、これは哲学と。

 

でも、やっていくうちに二つが重なることが多々あるんですよね。

 

二つを分けているのは、ただの理論的な理解だけなのではないかと思ってしまうわけです。

 

でも、区別をなくすと、もっと混沌としたものになってしまいますよね。

 

だから、出発点を考えるのは論理的な理解の役に立つ。

それについて考えるためには、区別が必要になってくる。

なので、それに対する区別が変なもののように見えても、本人にとっては理論的に理解するために必要不可欠なものになるんだろうなと思いました。

 

この理論なんですけど、私はまだ体感的に理解できてはいないかもしれません。

 

なので、「すべてがバラなら、なにひとつバラではない」を覚えておこうかなと思いました。

何かに対して、ふとこの言葉が蘇ってくるかもしれないなと。

 

私が考えたいものにとっては、この区別が大切なんだと思いました。

哲学でも、論理的に理解するためには、よく区別をしようするなと。

で、論理的な理解と、さらには日常に潜む論理的ではない理解がまた必要になるんだろうなと。

その間にあるものに、私たちは混乱させられますよね。

野菜と果物のあいだにあるスイカとかイチゴとか。

でも、その語を使えるようになるためには、そこに区別の問いをたてておくことは必要なんだろうと思います。

キャリアカウンセらーのコンサルテーションとキャリアコンサルティングの違いとか。

素人目線だと、違いすらわからないですもんね。

 

で、言葉だけの区別では納得がつかないから、いつも問いとして持ち歩くんだろうなと。

 

で、またどうしてこの言葉を再度とりあげたのかを話すと、

私はツイッターでツイート添削をうけました。

 

そのときに、この言葉をつぶやいたツイートがもちあげられたんですよね。

このツイートについてなんていわれるのかどきどきしながら。

そしたら、切り口がおもしろいと言っていただけたので、とても嬉しかったです。

 

最近、Twitterでベルクソンの本を読んで思ったことをまとめているんですが、私にとっても難しいので、みなさんを混乱させているかもしれません。

もし、何か取り上げて欲しいツイートがありましたら言ってくださいね。

 

バラ
最新情報をチェックしよう!

himalayaラジオの最新記事8件