オーラとはーベンヤミンから自己意識の変化を考える

ベンヤミン哲学

近年になり、複製技術は進歩してきました。

私たちは何でも写真や映像で、本物を間接的に見ることができます。

本物に変わってレプリカが増えてくること。

複製芸術に慣れるということ。

ベンヤミンオーラを元に、何が起きてくるのかを考察します

ベンヤミンのオーラとは

オーラとは、真性の芸術が持つ特別な質感・一回性・迫真性・神聖さなどのことを言います。

一般的な意味では、人へ物が発する霊気ないし独特な雰囲気です。(広辞苑 参照)

ベンヤミンは「今」「ここに」しかない本物の作品に備わっている目に見えない力のことを、オーラと呼びました。(続哲学用語図鑑 参照)

ヴァルター・ベンヤミン(1892~1940)はドイツの思想家です。

詳しく見ていきましょう。

モナリザ

わぁ、キレイな絵だね。

見えない力、オーラがあるね!

僕は教科書の絵で知ってた。

歴史や人物を知っているといっそう神々しくなるね。

世界的に有名な作品の場合、私たちはレプリカでその作品に接しています。

レプリカで知っていたとしても、本物にあったときに感じる力のことをオーラと言います

複製技術の発展によって、作品のレプリカはよく知られるようになりました。

グローバル化によって、様々な作品を私たちは間接的に見ることができます。

本物には近寄れなくなりました。

しかし、オーラを使ってコントロールしていた権力からの解放があります。

例えば、

高校生

ヒトラーは近代美術が嫌いだったみたい。

退廃芸術と言って活動を制限したんだって。

高校生

レプリカがあれば間接的に見られるね。

それに加え、複製品を使った芸術も一般化しました。

写真や映画などです。

ベンヤミンは複製芸術の発展は、芸術の概念を「身近」で「気軽」なものへと変えたと言いました

より身近で気軽になった代わりに、本物に備わっていたオーラを感じることはできなくなっています。

オーラがなくなったことでもたらされる自己意識の変化を見ていきましょう。

本物に触れない時代

技術の発展によって、本物に触れなくても本物を「見る」ことができる時代になりました。

インターネットで世界中を見ようとすれば、それが叶う時代です。

では、それによって何が起きるのか。

マルクス・ガブリエルの「『私』は脳ではない」から、自己意識の章を参考にしていきます。

オーラで自己意識に何が起こるのか

以前、私は水槽の中の脳であるという説を紹介しました。

私が実は水槽の中の脳であっても、それを知ることができないという説です。

マルクス・ガブリエルは説を否定しました。

彼は一般的にみんなが知っている「水」を例にパトナムの思想を説明します。

私が水槽の脳だとすれば、実際に本物の水を見たことがありません。

「マシンは水についての概念・意見などを私にインプットするでしょう。
ーしかし、すべてはとんでもない錯覚にすぎないのです。
私は一度も水に触れたことがないのですから。」

このことを、分かりやすく他の生物で表します。

砂浜にいるアリが奇妙な動きをしていると想像して下さい。

なんと、そのアリはモナリザの肖像画を描いているようです。

でも、そう思ったのは私たちがそのように見たからです。

アリは私たち人間の世界を知りません
それと同じように、私たちは彼らの生きる世界を知りません。」

もし私たちが水槽の中の脳であるなら、水に関することは何も知りません。

ヘレンケラーの逸話にあるような、そのものを知る体験がないのです。

それは、アリがモナリザを知らないことと同じです。

タンクの中の哀れな脳は、自分自身が作り上げた空想の産物以外、何も知りません。」

水槽の中の脳では、本物に触れるときに現れるオーラは実感できません。

例えて言うなら、アリがもし奇跡的にモナリザを砂浜に書いたとします。

思考実験は無限回行えるので、もしかしたら、そんな出来事もあるかもしれません。

しかし、それはレプリカだと言えるのです

アリはモナリザの背景を知らずに表面的に書き上げるからです。

サルが有名な詩や芸術的な絵をかいたとしても、人間はサルではないのでその意図はわかりません。

水槽の脳に違和感を覚えないとしたら、ネットワークが私たちの生活の中心になってきているのかもしれません。

知っているものの多くが、ネット経由になっているということです

ベンヤミンオーラに触れないことは何をもたらすのか。

もし、身の回りがレプリカだらけになったとしたら、私たちは知るものが減るのでしょうか。

確かに、オーラを感じることは減ります。

その分、5官の1つ「目」や「耳」などを主に通じた感覚が多くなり、触れるとは違う感覚になることは想像がつきます。

昔は雄大な自然を見て美しいと思ったことが、今では街のネオンや人工物をきれいだと思う変化です

昔の人がこのことを知ったら、批判するかもしれません。

星空の方が数倍きれいだったと。

しかし、今では空を見上げるだけでは昔のような星空は見えないのです。

かわりに、ネオンが街を照らし私たちはそれをきれいだと感じます。

わーきれい!

星空?

あっちの建物!

実際の星空を知らないとしたら、それに代わるものを美しいと感じます。

体験によって言葉の意味も変わってくるのです。

次に、私たちはオーラを判別できるのかをみていきましょう。

オーラは自己意識で判別できるのか。

マルクス・ガブリエルの自己意識では、自分のことはわからないことにも触れます。

ここでは一般的な意味での、人や物が発する霊気ないし独特な雰囲気のオーラを見ていきましょう。

高校生

王女さまには高貴なオーラがあるな。
私にも少しはあるかな。

オーラはあるかないかなんだって。

高校生

オーラを手に入れたいな。

オーラは店で買えないんだって。

高校生

オーラ…。

女の子は自分にオーラがあると述べましたが、相手にないと言われてしまいました。

本では気品を例に語っていますが、高貴なオーラと言い換えています。

意識を意識のほうに向けることで意識が変わることがあります。」

と、マルクス・ガブリエルは述べます。

もし自分の受けた印象の評価について少しでも疑いが生じるなら、その疑いを生じさせたのが自分自身であれ、他者であれ、印象そのものは変わってしまいます。」

もし自分が作品にオーラがあると思っていても、その思いを疑わせることが発生したとします。

すると、そのもののオーラが消えてしまうということです。

テレビでお宝を鑑定する番組があります。

鑑定結果がわかる前はオーラを持っていると予想ができるのに、評価が低かったとたん、そのオーラがなくなってしまうように感じます。

ただ私たちは実際にそのものを見ているわけではない場合が多いので、オーラを実感できないかもしれませんが。

実物を触っていなくて、評価が他者からのものだと気がついたとたん、自分の評価も変わります

オーラは目に見えない力です。

人は5官の中で目に一番の信頼を寄せていると言われています。

理論ではなくても、目でみれば確かだと思うのです。

例えば、ブラックホールの証明に写真を撮ったという出来事は、それを反映させています。

なので、オーラの場合、人は自分の意識に疑問を持つとすぐにそれを失ってしまいます

本物に触れない弊害もまた、見えないところで起こってきます。

目に見えない無意識や記憶など、心理学ではよく研究されていますね。
>>虚偽記憶ー自分の記憶はどこまで正しいのか。

オーラとはーまとめ

ベンヤミンは「今」「ここに」しかない本物の作品に備わっている目に見えない力のことを、オーラと呼びました

複製技術の発展によって、作品のレプリカはよく知られるようになりました。

しかし、本物に触れることは少なくなりました。

ベンヤミンは複製芸術の発展は、芸術の概念を「身近」で「気軽」なものへと変えたと言いました

マルクス・ガブリエルの自己意識から、本物に触れないとはどのようなことかを見てきました。

ネットワークの世界に違和感を覚えなくなることです。

5官の1つ「目」や「耳」などを主に通じた感覚が多くなり、本物に触れるのとは違う感覚になることが想像できます。

そして、目に見えないことから、私たちがオーラを疑う理由を述べました。

美術館に行ってみたくなるね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました