【 読んでいない本について堂々と語る方法 】哲学視点で批評

読んでいない本について堂々と語る方法自己啓発

読んでいない本について堂々と語る方法」について取り上げます。

2008年に刊行されたものが、2016年に文庫になって登場しました。

理由は、世界の読書家がこっそり読んでいる大ベストセラーであり、読み継がれているからです。

私はこの本の中に、ショーペンハウアーに共通する読書の仕方マルクス・ガブリエルの「意味の場」を見つけました。

本の紹介と合わせて解説していきます。

批評を論じる

読んでいない本について堂々と語る方法」は批評について論じています。
批評とは本を読んでからするものだと私たちは思い込みます。

しかし、本を読まなくても批評はできる

しかも、読まない方が創造的な批評ができるのだと文学教授で精神分析医の筆者ピエール・バイヤール(1954~)は語ります。

筆者は図書館にある本をみて、このすべてを読むのは不可能だと言いました。
Googleが世界の本の総数を調べると、2010年の時点で1億3000冊ほど。
日本での2017年の総出版数は75,412冊。

一年で365冊読んでも、発行される部数の方が多いことがわかります。

筆者の気持ちとしては、本のすべてに敬意を示したい。

読むことは無理だとしても、その本を語ることはできないだろうか

大学教授としても、日々、読んでいない本についての批評を求められることがあり、その方法を語っています。

未読の段階を4つに分ける

まずは、未読の諸段階について4つに分類します。

①ぜんぜん読んだことのない本

②流し読みをしたことがある本

③人から聞いたことがある本

④読んだことはあるが忘れてしまった本

このように示されると、私が読んだ本、という認識が怪しくなります。
私たちは本を読んだとしても、すぐに忘れていく。
しかも、きちんと読んだことと、流し読みをしたことの比較がわからなくなります。

実際、筆者はすべての本に関して①②③④に分類しました。
これは何を意味するのかと言うと、筆者の読書は未読だと公言していることになります。

筆者にとっての読書は、未読の状態。
それでも、筆者は本について詳しく語っていくのです。

その方法を解説していきます。

①全体の見晴らしをつかむ。(完全未読の場合)

筆者は本のタイトルと目次で、その本がどんな傾向を帯びているのかをつかみます。
そして分類して位置付けるのです。

ここでは、本は読まなくても分類する知識は必要とします。

例えば、私はブログで「哲学用語図鑑」や教科書を使います。
そこには、時代の流れや、哲学の系統などが図に示されています。

哲学関係、心理学関係、などと分類していきます。
哲学関係と分類したものの中から、どの系統の哲学なのかを分けます。
科学哲学や、心の哲学、倫理など分けています。

そのようにして、全体の見晴らしをつかむことで、語ることができるのです

筆者は「テクストの細部にひきずられて自分を見失うことなく、その書物の位置づけを大づかみに捉える力こそ、『教養』の正体なのだ」と言います。

私がいままでに流れを説明している「科学とは」や「ネオプラグマティズムとは」などは、全体の流れからそのものを解説しています。

②10分で本の要点をつかむ。(流し読み)

10分で本から材料を手にいれると筆者は述べます
10分程度で、パラパラと流し読みをするのです。

本を材料と捉えることに言及したのはこちら。
>>アルチュセールの認識論的切断ー考えるを具体的に考える

その材料から、自分で創作して批評します。

本文では批評に対して、「自分の仕事を完璧ならしめるのに最良の材料が要るわけでもない。何でだって間に合わせるんだ。」と述べています。

目の前にある、あり合わせで作り上げるというのはブリコラージュを思い起こさせます。
ブリコラージュとは、時間と資源が限られた中、その場の興味で切り抜けることをいいます。

さて、この思い浮かんだブリコラージュという言葉を頼りに批評をしてみましょう。

ブリコラージュは構造主義を唱えた哲学者から出てきた言葉です。
構造主義者は文化の違いから優劣をつけません。

優劣をつけないという思想は、文化すべてに敬意を払う見方でもあります
良い悪いを決定しない相対的な見方です。


例えば、筆者はあるストーリーを語ります
ある人物について批評を悪く書く場合もあれば、それを好意的に書く場合もある。
観念は二元的だと登場人物に語らせます。
そこから、良い書評と悪い書評を書くことで有名になった作家を登場させます。

高校生
作家

悪い批評を書いたらそれが有名になった。

おじいさん
編集者

もう悪い批評を書かないでくれ。
本を出してあげるから。

高校生
作家

批評のおかげで本も出せたし本も売れた!

おじいさん
編集者

君は偉大な作家だよ。
なにせ、批評が良かった。

作家は人々の評価により、急に良い本だと評価されました。
本の内容は変わらないのに評価だけが変わるのです


悪い思想が時代と共に良い思想になる。(エピステーメー

つまり、本に対して立ち動く人々による社会的ポジションによって、作品の評価は変わり、その作家は有名になったと言うのです。

長所が短所に変わるのと同様に捉えます。

書物は固定したテクストではなく、変わりやすい対象だということを認めることは、たしかに人を不安にさせる。なぜなら、そう認めることでわれわれは、書物を鏡として、われわれ自身の不安定さ、つまりはわれわれの狂気と向き合うことになるからだ。」

ここでは、書物の移り変わりと自分自身の移り変わりを論じています。

しかし、ここで疑問になります。
筆者ピエール・バイヤール自身は、この本は良かった悪かったという批評をしているのはどういうことなのだろう、と。

どのような評価から良い悪いを決めているのか。

批評家にとって文学や芸術の役目は、批評の対象となることではなく、批評家に書くことを促すことである。

このように彼は語ります。
つまり、評価は自分自身によっているのです。
自分が批評を書きたくなった本に対して、高評価をしていると考えられます

それは、無意識からくるものでもあり、なぜこの本が印象に残っているのかという疑問は、批評家に筆をとらせます。

③人との会話から推測する。(聞いた本)

人が本について語るのを聞いて推測します

本について語る人は、どれだけその内容に正確なことを言っているのかはわかりません。
しかし、それは自分にも当てはまるといいます。

人から聞いて推測するとはどういうことか。
筆者はあるストーリーを通じてやり方を紹介していました。
かいつまんで説明します。


ある一冊の本で殺人が発生した。
その本を読んでほしくない為に、修道士が何人も殺されたのだ。

主人公はなぜ殺人が起きたのかを推測していく。

この時代に公にしたくない思想とは何だ?

主人公は犯人を突き止める。

すると、犯人はその本を読め、という。
それは、アリストテレスの笑いについての分厚い本だった。

分厚くてめくりずらいから、指でページをなめようかな。

主人公はとっさに気がつく。
本には毒が塗ってあって、それを舐めると死にいたることを。

なので、本を読まずに犯人と対峙することにした。

犯人が気にしていること。
殺された人の思想。
アリストテレスについて語られている知識。

それらを総動員して犯人と対峙すると、犯人が殺人を犯した理由と一致した。
本を読まずに、犯人が隠したかった思想を発見したのだ。


以上が省略したストーリーです。
主人公は本全体については誤解があるかもしれないと言います。
犯人の思想とは重なっていない部分があるかもしれないとも言うのです。

その可能性を視野にいれても、主人公は犯人を納得させることができました。
自分にとっての解釈と、犯人との解釈が重なったことで、本の批評ができたというストーリーです

この意味の重なりから思い起こす哲学は、マルクス・ガブリエルの「意味の場」です。
意味の場とは、一人ひとりの人間の視点です

本の批評とは、誰かに伝えるためにあります。
その伝える相手と向き合ったときに、自分の批評が意味を持ちます。

筆者は作家であれば誰でも経験することを述べます。
「自分の本について言われていることが、自分が書いたはずだと思っていることと呼応していないということに気づくという経験である。」

作家は自分が言いたかったことと他人が理解したことの違いに気がつきます
それは、自分の意味の場と相手の意味の場が違うという発想です。

なので、本を読まなくても対人関係の推測から批評ができる。
もっといえば、推測しなければ相手がどのように思っているのかわからないということです。

④どんな人も本についての詳細を忘れる。(忘れた本)

筆者は哲学者モンテーニュを例に出し、彼が忘れることで有名なことを例に出します。

そして、彼の文章について語ります。
モンテーニュは、読んだことを自分のものにしたからこそ本を急いで忘れようとするのである。

忘れるからこそ独自性がでるというのは、記憶とはで触れました。

忘れたことに対して、独自性を主張できること
自分も忘れるが相手も忘れるものだということを意識すると、自由に批評ができます

実際に筆者は本の中で他の本を紹介していました。
その説明に関して、すべてが本の内容について正しいわけではないことを述べています。

それでも、この本はベストセラーで有名なのに、詳しく調べないとその正しくない内容を見つけることができないのです。
違和感がまったくありません。

本の未読の状態4つと、それによる批評の仕方を見ていきました。
ここから気になることは、筆者は読書をどのように捉えているのかです。
次章で詳しく見ていきます。

本を読むとはどういうことか。

ピエール・バイヤールは哲学者モンテーニュについて語ります。
モンテーニュについて解説することで筆者の読書に対する考え方をみていきましょう。

モンテーニュについて

ミシェル・ド・モンテーニュ(1533~1592)はフランスの哲学者で、『エセー』を執筆しました。
今では随筆をエッセーといいますが、その生みの親です。

エッセーとは、自由な形式で書かれた、思索性をもつ散文だと広辞苑にありました。
なぜモンテーニュがエッセーの生みの親になったのか。

モンテーニュは記憶力がなかったと本で紹介しています。
「モンテーニュは、記憶がなくなり、そのために不愉快な思いをするとひっきりなしに嘆いている。」

「この問題は、ときとして、モンテーニュに自己の同一性を疑わしめるくらい深刻になる。」
とまで本で述べています。

そしてモンテーニュ自身も述べます。
「人はよく私の書いたものを私に向かって引用するが、私自身はそれが自分のものであると気づかない」

このように忘れていくモンテーニュだったからこそ、エッセーの生みの親になれたのだと解釈ができます。

モンテーニュの有名な言葉。
我、何をか知る」(クセジュ

モンテーニュが忘れてしまうという特性を知った後では、この言葉は一層私たちを考えさせます。

すぐに忘れてしまうことは、何を知っていると考えたらいいのでしょうか。

彼は読書家であり、それでも読んだことを忘れないように読書感想文を本の末尾に書くようにしていたそうです。

この記憶力が不得手であることは、解消できる問題なのかも疑問になります。
心理学で分かっている記憶のメカニズムを追っていきましょう。

記憶のメカニズムを知る。

流動性知性結晶性知性を見ていきます。
イギリスの心理学者レイモンド・キャッテル(1905~1998)が唱えました。(心理学用語大全 参照)

流動性知性とは、文化や教育の影響をあまり受けず、加齢とともに衰えていく知性のことです。
これには暗記力が含まれています。(主に短期記憶)

結晶性知性はさまざまな経験が結晶した知能であり、加齢とともに上昇し続けます。
これには知識力が含まれます。(主に長期記憶)

加齢とともに衰える=暗記力が含まれる

加齢とともに上昇する=知識力が含まれる

加齢によって暗記力には差がでます。
さらに、暗記力には生まれつき、人の特性があるそうです。
IQは遺伝と環境が半分ずつ作用すると言われています。(なぜヒトは学ぶのか 参照)

生まれつき足が速くなる特性を持つ子がいるように、記憶力も特性によって決まってくるというのです。
もちろん、足の速さと同じように鍛えることはできますが、それと同じく限界があります。
いくら訓練しても、世界記録にまでは届かないと予想するようなものです。

これを単純に言えば、暗記力においては能力の差が生まれつきあることを示します
おそらく、モンテーニュは遺伝的に記憶力の制約を受けていたのだと推測できます。

しかし、彼はそれを利点に押し上げて、今でも主流のエッセーを生み出しました。
一見するとテストで測る能力では劣っていると見られるものが、独自性や創造性を生み出したのです。

そして暗記力は、年齢とともに衰えていきます。
初めは特性として暗記力が優れていたとしても、衰えていくのです。

このことは、本の中での一文を特徴づけます。
私は、本を読む一方で、読んだことを忘れ始める。これは避けられないプロセスである。

ピエール・バイヤールはさらに、「読書は何かを得ることであるよりむしろ失うことである。」と言います。
失うことによって、モンテーニュのような創作活動になることを思えば、悲観することはありません。

そして、読書によって記憶を詰め込みすぎることは、アイデンティティーの喪失になることは念頭においておくべきだと続けます。

そうなると、もう一方の年齢とともに上がる結晶性知性を伸ばせばいいのだとわかります。
記憶を失っても、結晶性知性はあるのだと考えるのです

そして未読によっておこなう批評は、芸術の域にいくと「読んでいない本について堂々と語る方法」では述べられています。

ピエール・バイヤールの読書について

筆者はこの本で、いろいろなストーリーを取り上げています。
解説するのに、独自のストーリーを実感できる形で取り上げていくのです。

人に語る上でストーリーが大事だという本は多くあります。
例えば、『プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える』は現代ビジネス書でも有名な本です。

筆者は自由な形式で書かれたストーリーを取り入れ、思索することによって、読者に考え方を知ってもらおうとしていました。

この本は批評を論じているのに、物語としても楽しめます。
そのような印象に残る読書を、ピエール・バイヤールは読者に提供しています。

その提供しているものに即して、批評は彼独自のものになっています。
「読んでいない本について語る」ゴールは「彼自身について語ること」だと訳者あとがきで取り上げられていました。

読書を未読の状態にして、読者自身がみずから創作者になること
そのことが批評だと彼は述べるのです。

「読んでいない本について堂々と語る方法」まとめ

読んでいない本について堂々と語る方法」は批評について論じています。

本は読まなくても批評ができる
しかも、読まない方が創造的な批評ができるのだと文学教授で精神分析医の筆者ピエール・バイヤール(1954~)は語ります。

彼は未読の状態を4つに分けます。
それぞれについて批評の仕方を述べました。

①全体の見晴らしをつかむ。(完全未読の場合)
②10分で本の要点をつかむ。(流し読み)
③人との会話から推測する。(聞いた本)
④どんな人も本についての詳細を忘れる。(忘れた本)

そしてここから、彼が読書をどのように捉えていたのかを探りました。
忘れやすいことがエッセーの元になったモンテーニュを例に出します。

読書を未読の状態にして、読者自身がみずから創作者になること。
ピエール・バイヤールはこの本に仕掛けをたくさんつくり、そのことを読者に実感してもらうように批評を書いています。

読書について考えさせられるね。

読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫) [ ピエール・バイヤール ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました