ソクラテスが本を書かなかった理由。

ソクラテス 本雑談哲学

ソクラテスはなぜ本を書かなかったのか。

今、残っているソクラテスに関する逸話の多くはプラトンによって書かれました。

ソクラテスは書き残すことに価値を見出さなかった

それは、本好きな私にとってはとても理解し難いことでした。

私の視点から、本にするのに価値を見出さなかった理由を3つ挙げて、ソクラテスの理解に迫っていきます。

①青少年を堕落させる
②誤った情報は対立を生む
③根本的な理解は対話を通さないと伝えられない

これらを順に説明していきます。

絵本大好き!

うん、世代を超えて本は好かれているよね。

青少年を堕落させる

ソクラテスの弁明・クリトン」という、ソクラテスが裁判にかけられている様子が書かれている本があります。

なぜソクラテスが裁判にかけられたのかと言うと、「国家の信じない神々を導入し、青少年を堕落させた」として宗教犯罪で神を冒涜した罪で訴えられたからです。

「青少年を堕落させた」という理由なんです。

しかし、ソクラテスは日々、対話を通して人々に「無知の知」を自覚させます。

堕落とは対立する立場です。

なぜなら、ソクラテスは本当の「」を求めることで道徳的な生き方を説いているからです。

では、なぜ「青少年を堕落させた」と解釈されてしまったのか。

私は対話を見ていた青少年に対して言っていたのではないかと推測します。

堕落させられた青少年=対話を見ていた青少年

この理由を説明します。

対話を見ていた青少年を想像する

ソクラテスの周りには青少年が集まってきていました。

彼の元で勉強しようと思った青少年たちです。

そこでソクラテスが何をしているかというと、自分では知恵があると思っている人を対話によってまずは「無知の知」に導いていきます。

自分は何でも知っていると思い込んでいる人に対して、その思い込みを自覚させるのです。

例えば、自分は勇敢に悪に立ち向かって敵をやっつけたから正義だ!と語っている人がいたとします。

その人の正義は本当に正義なのか?

そんなことを突きつけます。

もしかしたらやっつけてしまった行為は正義ではないかもしれない。

もっと単純な例で言えば、5+5を11だと思い込んでいた人に、5+5=10だと教えるようなものです。

ソクラテスと対話する前は、自分を信じていた人が自分を信じきれなくなるのです。

人は間違いを指摘されることを嫌う傾向があります

好む場合もありますが、人は間違いの指摘を人に見られることを嫌います。

自尊心を傷つけてしまうからです。

よく自己啓発本で、人の失敗やミスは周りに人がいないところで言うのが良いと言われます。

対話を見ていた青少年は、失敗やミスが指摘されているのを周りで見ている人々のことです。

対話を見ていた青少年が思うこと

ソクラテスの周りにいた人々は、相手が論破されるのを喜んだと言います。

確かに、自信満々な人の論破される面を見るのはおもしろいかもしれません。

ソクラテスの周りの青少年が従っているような「偉い人」が論破されているかもしれないのです。

その人の自尊心が傷つけられ、さらに見ている人の優越感が高まるかもしれません。

そして、こうしたことが積み重なって人の反感を買い、訴えられてしまったと想像できます。

ソクラテスは青少年を堕落させている罪で訴えられました。

もちろん、素直にソクラテスが対話をした相手が堕落したこともあるかもしれませんが、ソクラテスは国家に忠実であり、道徳的な生き方を説いています。

ソクラテスは国家に背かないために、死刑判決を受け入れています。

なので、対話をした相手が堕落した理由が主とは考え難くなります

ソクラテスと「偉い人」が対話をしているのを見た人は優越感に浸る。

それはもしかすると、人をあざ笑ったりするような、人の欠点を喜んだりするような態度でもあったかもしれません。

対話の当事者でなければ、そんな解釈が出来てしまうのです。

私はソクラテスが対話を文章化しない理由はここにあるのではないかと考えました。

対話に参加していない青少年を堕落させたくなかったのです

聞くだけでは誤解が生じるように、読んだだけでも誤解が生じるのです。

では、次の理由に移ります。

あっ、間違い発見!

「間違い探しクイズ」では正解なのにね。

誤った情報は対立を生む

ソクラテスは裁判にかけられます。

当時の人口(500人ほど)による裁判は、死罪に反対・賛成の差が30票くらいだとありました。

ソクラテスは時間があったら、一人一人と対話して弁明できたと述べています。

けれど、ソクラテスは裁判で死刑判決を受けてしまいました。

裁判所の演説ではこの票がくつがえりませんでした

そして、素直にソクラテスはこれを受け入れています。

悲しい感情や怒りの感情を言うことはありませんでした。

ここからも対話を本にしないで欲しいという理由が私には見えてきました。

ソクラテスが生涯をかけて実践した対話だけれど、それが伝えられたのはほぼ一対一のときだった

ただ彼の演説を聞いていた人には「知」が届かなかったということがわかります。

民衆の280人のうち30人すらも対話をしなければ、意見が変わりませんでした。

届かなかったから、投票では死刑になってしまいました。

この時点で、本によって広く教えるよりも、一人一人と対話をする必要性が伝わります。

実際には対話によって相手を堕落させてはいないのですが、聴衆は真意を掴めていないのです。

ソクラテスは一対一の対話にこだわったので、最後の演説がみんなに効果がないことは受け入れるしかありませんでした。

なので、彼は悲しくなったり、怒ったりしなかったのだと考えられます。

広く伝えられる情報という意味で、ここでは演説が本に例えられます。

本が情報を伝えることによる弊害

本によって、人の知的好奇心を満たすような情報を振りまくけれど、その情報によって死刑がきまる。

その情報の真意をくみ取ってくれたのは、対話ができた人たちが主だったことになります。

ソクラテスの演説で30票がくつがえらなかった理由は、私たちは情報で誤解をするということを指します。

しかも、知ったかぶりの可能性が自分にとって高いということを示しています

私の例で話します。

私は仕事で宅急便の受付をするときに、相手が都道府県をかかずに地名だけを伝票に書いていた場合、地名がわからないのでよく聞き返します。

私にとってわからない地名は情報になります。

普段知っていると思い込んでいることがただの情報で、知識としては入っていないのです。

さらに聞き返すとき、自分の無知がばれるのが嫌だと私は思ってしまいます。

知識を知りはしないけれど、指摘されるのはためらってしまうのです。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ということわざにもある通り、聞くのは一時の恥という感情を抱かせます

話を聞くだけでは、聞いたものがそのまま情報になります。

知識になるにはその過程を通るのです。

情報だけを広めることが、ソクラテスには憚られたのだと私には思われました。

「知」ではなく情報が広まると、誤解は多くなります

情報が誤解によって広まった結果として、ソクラテスは死刑判決を受けました。

誤った情報は対立を生んでいます

もしこれが一対一の対話で伝わっていたのなら、誤解はある程度防げたのかもしれません。

では、最後の理由に移ります。

太陽は地球の周りをまわっていたんだって。

確かに、天動説はすごい誤解だったよね。

根本的な理解は対話を通さないと伝えられない

前の段落の最後で、もしこれが一対一の対話で伝わっていたのなら、誤解はある程度防げたかもしれないと述べました。

「ある程度」を詳しく見ていきます。

ソクラテスはこんな問いを友人のクリトンに投げかけます。

「どんな人にも仕返しに不正をしない。人に害悪を加えることも、どんな人にでもあれしない。自分が何をされても。」これに同意できるか、と。(「ソクラテスの弁明・クリトン」 参照)

ソクラテスはこれに同意できる人は少ないと述べます。

確かに、人はひどいことをされたら仕返しをするかもしれません。

喧嘩がいい例です。

相手に殴られたから自分も同じようにやり返す、というような。

「目には目を、歯には歯を」というハンムラビ法典にもあるように、大半の人は同程度の仕返しを求めています。

しかし、ソクラテスは人に害悪を加えないと述べるのです。

さらに、この意見の対立はお互いにお互いの意見を軽蔑しあうようになる、と本で述べられています。

この対立は人の見方による根本的な違いなのでしょうか?

人は本来、道徳的な生き物で、道徳的な行いをしているときが最も幸福だとソクラテスは述べます。

そして、道徳的な行いはどのようにしたら出来るのかというと、自分の魂を「知」によって磨くことによって出来ると述べるのです。

人による根本的な違いを述べるのではなく、人による魂の磨かれ方の違いを説いています

その人の「知」の段階の違いを説いているのです。

人=道徳的な生き物
道徳的な行いができる=魂を「知」で磨いた結果
人に害悪を与えない=すぐれた魂の結果

このまとめから見ると、ソクラテスは生涯において真実の「知」までには至らないと言いますが、ある程度魂を磨いていると自覚しています

磨いた結果、害悪を加えないという自分の信念にまで発達しているのです。

そして、これは何を意味するのかと言うと、大半の人はまだ「知」が磨かれておらず、ソクラテスの意見に同意できる段階には来ていないということを述べています。

ソクラテスにとって、対話をしていけば「ある程度」は、相手の魂を磨くことができたかもしれませんが、相手によってどのくらいの時間がかかるのかということは予測できませんでした。

一対一ですら意見の相違がでます。

ソクラテスの友達クリトンにすら、彼は同意しなかったかもしれないと思っていたのです。

そうなると、対話を通さない演説や本は彼にとって価値を見出せなかったのです。

ソクラテスの言葉が本になって後世に伝わる時、私たちは彼からどのようなことを学べるのかを見ていきましょう。

ソクラテスの「知」は現代に適応できるのか

ソクラテスの「仕返しに不正をしない、害悪をしない」という信念は現代ではどのくらい適応できるのでしょうか。

ソクラテスは裁判から逃げることは、この仕返しにあたるのではないかと考えました。

自分の信念を折り曲げてしまえば、「知」をもっとも重く見る主知主義ではなくなります。

ソクラテスは徳とは何かを生涯追い求めていて、彼の魂を磨いた結果としては死刑を受け入れることになりました

では、現代ではその考え方は通じるのでしょうか?

ソクラテスの真似をすれば、「知」を手に入れることになるのでしょうか?

ソクラテスは彼のいた国家や国法に従って死罪を受け入れました。

現代の私たちには私たちの国家や国法が存在しているので、私たちがソクラテスを学ぶには私たちの国家や国法を知る必要があります。

今の現状を考慮しないとソクラテスの「知」を実行できない

本だけの情報だけでは対話ができないのです。

ソクラテスはそのときの国家や国法に従って死罪を受け入れたのであり、それはそのまま私たちには当てはまりません。

死刑制度の是非や、害悪の捉え方など、私たちはまた「知」を現代の対話から知っていくことができます。

現代を知り、今の国家を知り、その「知」が獲得されていきます。

ただソクラテスの真似を本からすればいいわけではないのです。

本と対話をする、とよく言います。

それは、その本に書いてあることだけではない背景や行間を読み解くことを含んでいます

ソクラテスは対話を実践してきた結果、直接の対話を通してしか「知」は伝えられないと実感したのだと考えられます。

しかし、弟子のプラトンはソクラテスの教えを本にしました。

そこには、本によって対話はできるという希望が添えられています。

僕はプラトン派。

私も本と対話をして、ソクラテスを安心させたいな。

ソクラテスが本を書かなかった理由のまとめ

ソクラテスが本を書かなかった理由を3つ述べてきました。

①青少年を堕落させる
②誤った情報は対立を生む
③根本的な理解は対話を通さないと伝えられない

現代は情報化社会と呼ばれています。

ソクラテスの言う「知」を意識しなければ、私たちは情報ばかりがたまっているかもしれません。

しかし、対話を通して「知」を獲得していくことができます

ソクラテスが価値を求めなかった本に対して、プラトンは何回も書き直しをして本を仕上げました。

本から知ることは難しいと知るからこそ、本に対しても、私たちは対話を求める態度を取ることができます

プラトンは本に対話を求めたのではないかと推測できるのです。

本を読みつつ、筆者と対話してみよう。

関連記事
ソクラテスの対話とは。「対話を消滅させる対話の目的」

ソクラテス「無知の知」のストーリーをたどる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました