天才と秀才とはー脱構築から見る2つの区別

天才と秀才雑談哲学

天才と秀才の違いが言えますか?

天才=生れつき備わったすぐれた才能。
秀才=すぐれた学才。またその持ち主。

このように表されます。(広辞苑 参照)

私は天才だと思われる有名人がこぞって、私は天才ではない、というのを耳にします。

それはなぜなのか。

詳しく見ていきます。

ふと、思った。僕は天才!

うん、天才ってこういうものなのかも。

天才と秀才を区別する

天才は生まれながら(先天的)にその分野の才能がある場合を言います。

それに対して、秀才とはその分野を学んで(後天的)にその分野の才能を示す場合を言います。

天才=先天的
秀才=後天的

ここの区別で考えうることは、人は学ぶことによって秀才になる、ということです。

なので、前提として学びをそれなりにやった場合には、秀才と天才の区別は表面的にはつかなくなります。

人はその才に優れている人を天才と言うからです。

意味によっては秀才も天才に入れている場合があるのですが、ここでは先天的な天才について語っていきます。

例えば、歴史に伝えられる哲学者は天才と言われていますが、多くは後世の人がそのように呼んでいます。

哲学者はその時代では評価されていない場合があり、後世に評価されたからです。

それはなぜか。

当時、理解がされていないからです。

私は以前、「天才の正体とは」で、天才とは自分の理解を超えた人物のことだと述べました。

その物事に精通している人の理解を超えている場合に、その人から天才だと評価されるのです。

天才とは他者からの判断でしかわかりません

もし、自分で自分のことが天才だと気がついた場合、それは他者からの目線になります。

単純に他人に言われたから、というわけではなく、人間は人と人との間で成り立っているという視点からも説明できます。

私は天才かもしれない。 ふいに思考が降りてくる。 そっか、こういうことなんだとわかる。 自分で自分の理解を越える。 なぜ降りてくるのかわからない。 いつそれが再現できるとも知れない。わからないから自分が不安になる。私は自分がなくなると天才だと思う。そこに優越感はなく劣等感が残る。

詩的文章なのですが、ここから「私」と「他者」が自分の中に存在している様子を映し出しました。

閃いた!でも、なんで閃いたのかわからない。

そこに「私」と「他者」を見るんだね。

「他者」が「私」を理解できないものと見る場合、その天才性を見るとともに理解できない「凡庸な他者の自分」を受け入れることになります。

「凡庸な他者の自分」とはいわゆる私の中の「他者」と同じ意味なのですが、それは私が「他者」を理解可能だと見ていることを意味します。

例えば、哲学の命題で「私とは何か?」という命題は古くから存在しています。しかし、「他者とは何か?」という命題は社会的な意味において、社会学が説明してくれています。

私達は社会性をおびる「他者」がより規定されたものだと考えます。

「私」=理解を超えているもの
「他者」=理解できうるもの

人は「私」を考察する場合に、誰しも理解ができない部分が存在しています。

それが目に見える形、文章だったり、絵や音楽だったり、そのような見える形で表されたときに芸術性を感じ、その中に理解を超えた天才性をみます。

それは人が誰しも持っている天才性です

理解をしてもらおうとして、「私」の中の理解できない部分を伝えようとする。

その理解を超えたものを社会的に解説できると秀才

直観によって理解を超えた作品を提示すると天才になります。

理解される才能に優れた人、そのような意味でも秀才と表現しています。

有名人は有名になっているという点から、何かしら社会性に通じたものを持っています。

その場合、天才性をもっていたとしても、それを秀才の能力によって人々に伝えます

天才という自分の理解を超えることは、「凡庸な他者の自分」には伝えられないからです。

では次に、天才と秀才の関係性をさらに詳しく見ていきます。

上手でしょ!この絵は金賞だったよ。

なんとなく描いたんだよね?天才性かな。

「ゲンロン戦記」からみる天才と秀才

秀才は理解ができうるもの。

反対に、天才は理解を超えたものだと述べました。

一般のイメージでは、天才>秀才という関係性が用いられていますが、それを崩していきます。

このことを「ゲンロン戦記」(2020 東浩紀)に書かれている「ぼくみたいなやつ」と「ぼくみたいじゃないやつ」を例に見ていきます。

私は「ゲンロン戦記」に書かれている「ぼくみたいなやつ」と「ぼくみたいじゃないやつ」から、天才と秀才を見ることができると考えました。

文字通り「ぼくみたいなやつ」とは自分に似ている人を指し、「ぼくみたいじゃないやつ」は自分に似ていない人を指します

例えば、ゲンロンを作る上で東浩紀は、自分のように才能があり自分を理解できる人を「ぼくみたいなやつ」として当初は集めていました。

そして、そのうちに「ぼくみたいなやつ」はどこにもいないと知ります。
みんな「ぼくみたいじゃないやつ」として、自分は孤独だと受け入れたのです。

①「ぼくみたいなやつ」と「ぼくみたいじゃないやつ」のいる世界

②「僕」と「ぼくみたいじゃないやつ」のいる世界

私はここに天才性を見ます。

世界の区切りに天才性をみる

まず①の世界から見ていきます。

世界を「ぼくみたいなやつ」と「ぼくみたいじゃないやつ」に二分させて、「ぼくみたいなやつ」の中で理解が共有される世界を作りだします。

「ぼくみたいなやつ」の集まりは天才性の集団と言えます。

「ぼくみたいじゃないやつ」には理解ができない集団だからです。

数の比率としては「ぼくみたいじゃないやつ」が大多数です。

では、②の世界に移ります。

筆者は他の論文で「ぼくたちは天才じゃない」と述べています

その理由を、天才は集団より個人プレーの方が能力を発揮しやすい性質がある。
それだと、天才ではない大多数の人間は生き延びていけないので、それをなんとかしなければいけないと東浩紀は述べます。

つまり、「ぼくみたいなやつ」しか生き残れない天才性をもった世界を崩したのです

今までは広い範囲で「ぼくみたいなやつ」を見ていたけれど、それを狭い範囲である「僕」一人に閉じ込めたのだと私には考えられたのです。

前の章で出した図に当てはめられます。

「私」=理解を超えているもの
「他者」=理解できうるもの

「私」と「僕」はほぼ同義語だと私は捉えます。

僕の中のさらに「僕」にだけ天才性を閉じ込めるのです。

つまり、僕は「ぼくみたいなやつ」と「ぼくみたいじゃないやつ」の二つから成り立っている。
さらに、僕は「僕」と「凡庸な他者の自分」の二つからも成り立っていると言えます。

自分の思想を他者に伝えられる秀才に現代の需要をみる

天才と秀才は現代の需要によって価値観の変容を迫られます。

天才と秀才の二項対立が崩され、

天才>秀才

秀才>天才

という価値観の脱構築が起こります。
また脱構築と言う観点からでは、この矢印は行き来を繰り返します。

ぼくみたいなやつが好き!

自分と似ている人って好きになるって言うよね。

天才と秀才のまとめ

天才と秀才を区別して考えてきました。

天才=先天的で理解を超えるもの
秀才=後天的で理解できうるもの

そして、個人の中に誰しも天才性を具えていることを見てきました。

そこから、私を「私」と「凡庸な他者の自分」に分けて考えました。

「私」=理解を超えているもの、天才性
「凡庸な他者の自分」=理解できうるもの

この考えを「ゲンロン戦記」の「ぼくみたいなやつ」と「ぼくみたいじゃないやつ」という区分けから見てきました。

この区分けを変えると、天才と秀才の価値観の変容が起こります。

そして、現代の需要が秀才にあると見ることができます

天才だと思われる有名人がこぞって、私は天才ではない、と述べる理由。

そこには秀才と天才の脱構築が起こっていると私は考えました。

脱構築の後は言葉のイメージの変換かな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました