非合理性が得をする心理学ー「囚人のジレンマ」と信用経済

非合理性心理学

非合理性がどうして得をすることになるのか?
本当ならば、合理的な判断に基づいて得をするはずだと思った方が多いと思います。

心理学で扱われる「囚人のジレンマ」ゲームから、その答えを探ります。
それは、最近言われている信用経済が成り立つことの答えにもなります。

信用経済って最近言われてるよね!

非合理性が得をする「囚人のジレンマ」

非合理性が得をするのは、「囚人のジレンマ」ゲームを見ていくとわかります
このゲームでは、非合理的な判断をした方が得になるのです。

今回、参考にしたのは「ヒューマンエラーの心理学」(2019 一川誠)です。

囚人のジレンマ

物語形式でみていきましょう。

ある国で、悪いことをした共犯者2人が刑務所に入れられました。
しかし、2人を有罪にするだけの証拠を警察は持っていません。

そこで、警察は2人を別々にして連絡を取れないようにし、罪を吐かせることにしました。
ある条件を2人に言います。

①どちらか1人だけが自白したら、その1人は釈放し、片方は懲役3年。

②2人とも自白したら、懲役2年。

③2人とも黙秘した場合、証拠不十分で、軽犯罪のため懲役1年。

この表からわかることは、2人とも黙秘した場合が最も刑が軽いということです。
しかし、それには問題があって、2人は相談ができません。

高校生
Aさん

Bさんはなんて言うだろう。

Aさんはもう一人のBさんのことを考えます。

高校生
Aさん

もしBさんが何も言わないことを想定すると、私は①か③にあたるから釈放されるか、刑期が1年。
より得をするのは私が自白して解放されること

さらに考えます。

高校生
Aさん

もしBさんが自白したと想定すると、私は①か②にあたるから、刑期が3年か2年。
より得をするのは私も自白して2年の刑期をうけること

Bさんが自白した場合と、自白しなかった場合をAさんは想定しました。
その場合、どちらもAさんが自白した方が得だという判断がでました。

そして、それはBさんにも当てはまります。
どちらの場面も想定して、合理的な判断をしたはずなのに、どちらも刑期が最小になる選択肢③は選ばれませんでした。

合理的な判断なのに、2人にとって最適の結果をもたらさないというジレンマが生じます。
最適な結果は「非合理的」な信用に基づき、どちらも何も言わないという選択肢です

ここで信用という言葉がでてきました。
この囚人のジレンマを一般化して、非合理性と信用経済を考えていきます。

非合理性と信用経済

非合理性に基づく信用は、合理的判断よりも得をすることが「囚人のジレンマ」からわかりました。

この「囚人のジレンマ」は1950年にランド研究所で考え出されました。
この問題の開発者は、誰かがこの囚人のジレンマのパラドックスを解決してくれることを願っていました。
しかし、解決方法は見つからないという考えにいたったそうです。

損得の追求を合理的にしていった結果よりも、信用に切り替えた方が得をするという結果から、信用経済になっていくという見方もできます。

あくまで、一つの見方です。
他の見方としては、ポストキャピタリズムの価値の変化です。
>>ポストキャピタリズムについてはこちら

この信用経済で考えたいことは、人工知能との関係です。
人工知能は信用を重要視するのでしょうか?

信用経済と人工知能と哲学

人工知能の進化によって、人工知能が経済や政治を考えていくのではないかという論もあります。
その中で、信用経済になっていくことと、人工知能が経済をまわしていくことは一見矛盾するように思えます
人工知能といえば、合理性に優れているというイメージがつきまといます。

しかし、この「囚人のジレンマ」ゲームを無期限に繰り返していくとします。
すると、人工知能は協調性が強制される「おうむ返し戦略」が優位だと判断しました。
人工知能も協調を学ぶということです。
さらに、機械は機械どうしの場合、より協力的判断になりやすいことが判明したそうです。

とすれば、人工知能に経済を任せていいのかと思われますが、そこで人が考えなければいけないのは、その枠組みになります
機械は、指示された通りの判断を行いますが、その結果が望ましいものになるかどうかは、その枠組みを決める人間にゆだねられます。

人間の幸せや人権などを枠組みにおいて、機械を判断材料の道具と考えていきます。

人間にとってのよい枠組みを決めるのに、哲学は役に立ちます。
だからこそ、今の時代では哲学を学ぶ重要性が説かれています。
>>子どもと絵本で哲学を学ぼうはこちら。

僕も絵本好きー。

非合理性が得をする心理学ーまとめ

非合理性が得をする心理学は、「囚人のジレンマ」から見ることができました
「囚人のジレンマ」では、非合理的な信用の判断をした場合に得になります。

そのことから、社会がなぜ信用経済に移行しているか、という理由の一つを見ていきました。
人工知能の判断でも、ゲームを繰り返していくと協調性を選ぶようになっていきます。

そして、私たちは何が非合理的な判断の基準になっているのかを見定める必要があります。
枠組みを決めていくのは人間であり、それには哲学が役に立ちます

非合理性についても考えてみたくなるね。

ヒューマンエラーの心理学 (ちくま新書 1423) [ 一川 誠 ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました