自分の頭で考えるって?ー「哲学者ショーペンハウアー」の言葉から

idea哲学

こんにちは!けうです。

読書とは他人にものを考えてもらうことである。

一日を多読に費やす勤勉な人間はしだいに自分でものを考える力を失ってゆく。


これは哲学者ショーペンハウアー「読書について」に出てくる一説です。
この一説について、私は疑問に思いました。

読書すれば、自分で考えていることにならないの?

どうして多読をすると、自分で考える力を失うの

「他人の頭で考える」とは

この疑問を解決するため、まず「自分の頭」との対比で「他人の頭」を考えていきます
本の一説にはこんな言葉もあります。

「読書とは言ってみれば自分の頭ではなく、他人の頭で考えることである。」


自分の頭と他人の頭を比較してみます。
例えば、私がコーヒーを飲むと集中できるけど、どうして?と疑問に思ったとします。
私は、おそらく中に入っているカフェインが集中力を上げているんだろうという結論を出しました。


カフェインの効用は私が感じた実体験で、これを飲むと集中できると考えます。
そうなると、他の疑問が浮かんできます。
多量に飲まない方がいいのはどうして?
子どもは控えた方がいいって聞いたことがあるな?


ここまでは自分の頭で考えました
けれど、情報不足になってしまったので、本から情報を得ることにしました

あっ、私の知りたかった情報がある。

おおっ、他の情報もある!へぇー。


こうして、私は他の人が頭で考えた道筋をたどることになります。
本を読んでいるときに、私はそれを体験したわけでも、大半は疑問に思っていたわけでもありません。
他人の頭の中を覗いています。
常に自分と違った方法で考えている相手の頭の中を覗いています
これがショーペンハウアーの言う「他人の頭で考える」ことです。

でも、そのショーペンハウアーも本の虫と呼ばれるくらい、大量の本を読んでいたんでしょ?多読に人生を費やしているよ。


どうやら、多読が悪いという訳ではなさそうです。
本を読んでも自分の頭で考えないことが、自分でものを考える力を失っていくようです。

そして、疑問になります。
自分の頭で考えるって何だろう?

「自分の頭で考える」とは

「思想家の特徴は、すなわち問題を取り扱う態度が真剣であり、事柄そのものを自ら直接に根本的に問題にしているという印象を与える」

どういうこと?

例えば、私の場合で言えば、「自分の頭で考える」とはどういうことなのか、常に疑問を持っていました。
よく、考えてから行動しろとか、考えてから話せとか言われることが多かったからです。
そして私はこの問いをずっと持つことになりました。


ずっと持つとはどのようなことかというと、日常生活であったこと、本から得た情報を「自分の頭で考える」に結びつけていました。
今話した言葉は、私の頭で考えていたものなのかな?
いや、他人からの言葉を鵜呑みにしただけかもしれない。
子育てにはこれがいいって情報を得たけど、その元はどんな理由から?
今、みんなと違う行動をしてしまったけれど、それは自分の頭で考えなかったせい?
などなど、なんでも「自分の頭で考える」に結びつけました。


このように、自分の根本的な問題として取り扱っていました。
心理学用語で言えば、ツァイガルニク効果「人は達成できなかった事柄や中断している事柄のほうを、達成できた事柄よりもよく覚えているという現象」で、ずっと頭の片隅にそのことを思っていることです。

じゃあ、頭の片隅にそのことを思っていなければ、「自分の頭で考える」ことをしていないの?


人は慣れていないことをやるときに、脳が活性しているといいます。
例えば、プロサッカー選手と素人ではボールを扱うときに、素人の方が頭が活性していることが実験から判明したそうです。
プロになって、その事柄に慣れてくると、脳は活性しなくなるようです。
この脳の活性を「自分の頭で考える」とすれば、私たちは考えなくなっていくと言えます。


例えば偉大な発明、ニュートンの万有引力の法則など、ニュートンがずっとそのことを考えていた時に、リンゴが地面に落ちました。
そのときにニュートンがずっと考えていた事柄が結びついて、ある一つの答えが出ました。


法則を立てた後、自分が法則に満足していれば、そのことを考えなくなります。
私たちが考えなくなるのは、当たり前のことです。
そこから、また新しい問いが浮かんで考えることになるかもしれませんし、問いを持たなくなるかもしれません。


なので、問いを持たないまま読書をしたり、また読書をした後にその事柄に自分の中で問いを持たなければ、「自分の頭で考える」ことになりません。
情報化社会の現代では、情報が多すぎて更に問いを持てなくなっています。


自分の中の問いを、情報を得ることだけで解消してしまっているからです。
次に、「自分の頭で考える」利点について見ていきます。

「自分の頭で考える」利点

社会が不安定になると、デマが拡散したり、詐欺が増えていきます。
これに対して「自分の頭で考える」ようになれば、騙されないようになります


他にも、何かアイディアを思いついたり、独自の発見ができる可能性も広がります。
私は本から知識をつけて、今の社会で問題になっている事柄を考えたり、生活で困っていることを考えたりをブログからやっていきます。

なので、また来てくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました