頭がからっぽ状態の3つの利点とは

頭がからっぽ雑談哲学

いざ蓄えていた知識を話そうとすると、何も思い浮かばなかったことはありませんか?

そのような頭がからっぽの状態になったときに、考えられる利点を3つ話していきます。

これを知れば、頭がからっぽの状態も楽しめるかもしれません。

私もよく頭が真っ白になる!

これから話す内容として

①自分の言葉を語ることができる
②相手と対話をすることができる
③ひらめきが起こる

これらを順に見ていきます。

①自分の言葉を語ることができる

現代において、SNSが日常的に使われるようになりました。

個々人がツイッターやフェイスブック、インスタグラムをやっています。

発信をする場が増えてきたのです。

そこで、自分の頭がからっぽ状態のときに、自分の言葉を語る利点を話していきます。

まず頭がからっぽの状態と反対の状態、知識で武装している状態を分析していきましょう。

知識で武装とは、SNSで書籍をたよりにツイートをすることです。

ツイートの目的は主に「いいね」を多くもらったり、フォローを増やしたり、周りにメッセージを届けることになります。

目的を考えてみると、そのために書籍に頼る必要はありません。

個人では、瞬発的ではなくゆっくりとフォローを増やすことを視野にいれていくと、自分の言葉で語っていくことで長くSNSを続けていけることにつながるからです。

書籍にツイートを頼ると、時間がかかりますね。

それでも、なぜ書籍に頼るのでしょうか。

理由の一つとして、そのツイートが自分自身になって、自分が評価されているような気になるからだ、と私は考えました。

書籍に頼れば、引用がいけなかったのだと思えるのですが、頼るものがなければ自分に跳ね返ってきます。

自分で責任を負うのが恐いからなのではないかと私には思えました。

責任を負う恐怖と自己実現を比較して、自己実現に比重を置けば、自分の言葉で語ることが利点になります。

自己実現 > 責任を負う

この状態になることこそが、利点になります。

この考え方を後押しする思想を、哲学者からみていきましょう。

ショーペンハウアーは「読書とは他人の頭で考えることである」と述べました。

まさしく、書籍の引用だけでは自分の頭で考えていないことになります。

彼は読書を「材料」集めをするためにするのだと述べます。

他には、モンテーニュ

彼は自分の書いた本さえ忘れるくらい記憶力がなかったことで有名だったそうです。

しかしモンテーニュはそれを利点にしました。

忘れることで、それをなんとか思い出すときに自分の言葉に置き換えられたからです。

頭がからっぽの状態が自己実現になっていたのです。

僕はモンテーニュ。

言い訳にはならないからね!

次にいきます。

②相手と対話をすることができる

知識で武装していると、相手とのコミュニケーションが一方的になる傾向があります。

会話をして相手の言葉が難しい場合、内容が頭に入ってこなくなるからです。

書籍は権威性を持っています

書籍に書いてあるのだから「正しい」という態度になり、対話が難しくなります。

対話といえば哲学の元祖、ソクラテスです。

ソクラテスは書き記したものは悪いものだと考えていました。

なぜなら、知識が固定化するからです。

ソクラテスは問答法によって相手と対話をすることで、「正しい」ものを追究しようとしました。

僕ってカッコイイ?

カッコイイよ!
ちなみに、カッコいいって何かな。

このように、普段私たちが何気なく使っている言葉を考えさせたのです。

そして、本人は知っているつもりでも、実は何も知らなかったことに気づかせました。

相手の知識に合わせ、相手の傾向や性格から相手に響く言葉を伝えたと言われています。

そんなソクラテスは文字を書き残すことに対しても否定的でした。

本を一冊も自分では残していないのです。

本の引用では、問答法ができないとソクラテスは考えたのです。

自分の頭がからっぽの状態であれば、一番に相手のことを考えることができます。

そして、相手を基準にして問答法ができるのです。

この態度は現代でも参考にできます。

「他人を変えるのは難しい」と心理学ではよく言われます。

人は自分で納得するまでに時間がかかることからも、その傾向を読み取れます。

納得させるには、相手のことを考えた言葉であるほうが、より相手を刺激させます。

僕はカッコイイからお手伝いをする。

自分でカッコイイの概念を広められるね。

次に行きます。

③ひらめきが起こる

急にふと考えが浮かんでくることはありませんか?

人は思考するのではない。思考させられる。」とハイデガーは述べます。

人は何かに強制的に考えさせられるのです。

その考えがふって湧いてくることは、散歩をしているときやお風呂に入っているときなど、頭が空っぽ状態になっているときによく起こると言われています。

そのことを証明する研究が脳科学で明らかになってきました。

それは、「デフォルト・モード・ネットワーク」と言われ、人がぼんやりとしているときに脳が行っている神経活動だと言われています

意識的な活動を行っていない場合ほど多くのエネルギーが脳には必要であり、脳の創造力が高まっている状態だと言われています。

このぼんやりしている状態を頭がからっぽの状態だとすれば、そのときに創造力が高まるのです

何かをひらめくことが多いのはそのためなのだと考えられます。

ひらめきはメモをとるといいと言われますね。

ひらめきは一瞬なので忘れてしまう場合があるからです。

ショーペンハウアーでさえ、ひらめいた考えはメモしておくといいと「知性について」で述べています。

記憶力に自信がある人はメモの必要はないと言うかもしれません。

記憶のメカニズムで意味記憶からエピソード記憶に移すと記憶力が高められると言われています。

そのエピソードとして記憶に残そうとするからです。

しかし、ひらめきは先入観をともなうとうまく機能しなくなることがあります

頭で考えていた問題とひらめきを結び付けたと思っていても、結びつかないことがあるからです。

浮かんだことを他のことで代用していたらもっとすごい発見になっていたかもしれない、「正しい」結びつきと繋げるともっとすごい発見になっていたかもしれない、という可能性です。

・・・・。

何しているの?

ひらめきについて考えようと思ってさ。

この章をまとめます。

①ひらめきが起こる状態=デフォルト・モード・ネットワーク
②ひらめきに先入観をもたない

頭がからっぽ状態のまとめ

頭がからっぽ状態の利点を3つ見てきました。

①自分の言葉を語ることができる
②相手と対話をすることができる
③ひらめきが起こる

これらの利点を知っておけば、頭がからっぽの状態を楽しめる可能性が広がります。

知識も大事だけど、からっぽの状態を知るのもいいね。

ラジオで聞くならこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました