アリストテレス「形而上学」の意味と思想の内容

アリストテレス「形而上学」哲学

アリストテレス(紀元前384-322)はプラトンの主宰するアカデメイア(今の大学)に入学しました。
そこで、約20年学びます。
プラトンとの年の差は、40歳以上ありました。

アリストテレス

私はアカデメイアを去る!

ひどい!まるで仔馬が生みの母親を蹴飛ばして行ってしまうようだ。

どうしてこうなったのかな?

ソクラテス以降言われだした「形而上学」(けいじじょうがく) の内容を見ていき、プラトンの考察とどう違うのかを見ていきます。
(文献は本文下参照)

アリストテレス「形而上学」の意味

形而上学」とは、アリストテレスの講義録を編纂する過程で生まれた用語で、自然の原理を度外視して考える学問のことである。(哲学用語事典)

自然を度外視!?


もともと「メタフィジカ」と言われています。
「メタ」は「後」とか、そのものを「超える」という意味を持ちます。
「フィジカ」は「自然学」です。

自然学とは

自然学とは、自然を合理的に探究しようとする学問で、今でいう物理学のイメージです
万物の根源を神話で説明するのではなく、水や空気や原子や数で説明しました。
例えば

イスの成分は何だろう?木とか鉄かな。
分解していくと原子になるのかな?

このように、人間の五官で見たり聞いたりできる事柄を考えます。
対して「形而上学」は、それらを超えた事柄を考察します。

イスって何?
私って何?

子どもって形而上学的!

「形而上学」と「自然学」

一般的に「形而上的な」という表現には「非科学的な」という意味がこめられることもあります。
ソクラテス以降、相対的な「真理」ではなく、絶対的な「真理」を考察していくようになります。
詳しくはこちら。

>>ソクラテスの「無知の知」のストーリーをたどる

感覚や経験を超えたものを形而上、実際に形をとって存在するものを形而下という。物事の本質を追究する形而上学は、現代でも役に立つ。
20世紀以降の分析哲学の流れを組むものとして、注目されている。(哲学用語事典)


「形而上学」をプラトンから習ったアリストテレスは、どのような点でプラトンと違う主張をしたのでしょうか。

アリストテレス「形而上学」とプラトンとの違い

アリストテレス形而上学」では、プラトンの「イデア」に異議を唱えました。
「アテネの学堂」の画像は、真ん中にいるのがプラトン(左)とアリストテレス(右)です。

指を天に向けたプラトンはイデアの世界に、手のひらを地にむけたアリストテレスは現実の世界に、それぞれの真の実在を求めた。(新 倫理)

画像からわかるように、アリストテレスは現実の世界に真の実在を求めました。
それでも、考え方がまるっきり違うわけではありません。


アリストテレスは、日常の世界の現実に存在する個々のもののなかに、イデアが存在すると考えました。

プラトンをさらに知りたい方はこちら
>>プラトンのイデア論をわかりやすく解説

アリストテレス
 

私にはこの美しい花が、模造品だとは思えない!
花の中に本質がある!

プラトンとアリストテレスのあらゆる物や生物に対する違いです。

プラトン哲学から離れた理由を推測する

イデア論の批判だけでは、アリストテレスがアカデメイアを去った理由が弱いと思われます。
なぜかというと、アリストテレスの考え方はプラトンのイデアを発展させたとも捉えられるからです。

アリストテレスが批判したのは、プラトンがソクラテスに寄せる崇拝の思いだったんじゃないかな。

ソクラテスは、プラトンや他の哲学者の著書に登場する人物です。
ソクラテス自身が書き残した文献は何もなく、プラトンが主に書き記しています。


そんな中、ソクラテスは死刑判決を受けることになりました。
ソクラテスが死刑になったストーリーをたどります。

ソフィスト

ソクラテスの問答術は気に入らない!

このように考える人々が増えてきました。
ソクラテスがロバに例えた人物たちです。

ソフィスト
支配層の人

ソクラテスは国家の認める神を認めず、新しい神を信じ、青年たちに害毒を流した者だ!
よって、死刑に処す。

このように判決が下りました。
ソクラテスは刑の執行までに、国外に亡命する機会がありました。
友人たちは亡命を進めましたが、ソクラテスは聞き入れません。

ソクラテス
ソクラテス

ただ生きるということではなく、私は善く生きたい。
悪法もまた法だ!

そう言って、ソクラテスは毒ニンジンを飲みました。
このように普遍的な「真理」を善に求め、脱獄という不正を行ってはならないとソクラテスは考えました。

プラトンはこのソクラテスに対して、善く生きようとする生き方を最後まで貫いた、と記しています。

中庸

アリストテレスはさらに、中庸という考え方をします。
常に中庸をとる習慣エートス)を心がけるべきだと主張します。

例えば、

一人で敵に立ち向かうのは無謀。仲間と立ち向かうのが勇気。敵に挑まないのが臆病。

何も気がつかないのは鈍感。おおらか。気を使いすぎるのは神経質。

虚栄。プライド。卑屈。

日常生活においては、過度と不足の両極端を避けて、その真ん中(中庸)を選ぶことを繰り返すと、秩序が守られると言います。

エートスとは、古代ギリシャでは「習慣」を指していた。
しかし、現代ではそれが転じて「道徳」「道徳観の発露」へと変化した。
つまり、エートスが必要とは人柄が大事だと言える。
ソクラテスが脱獄を拒んで毒を飲んだことに対して、批判的ともとれます。

友愛(フィリア)

友愛フィリア)とは相手がより善くなることを願うことです
アリストテレスは共同体を維持するには、正義以上に友愛が大切だと考えました。(哲学用語図鑑)

アリストテレス

もし人々が友愛的ならば、正義は必要ない。
ただ、正義の人々であっても、友愛はなお必要だ!

この考え方は、プラトンの一方的な純愛(エロス)とは違っています。
お互いに相手が幸福になることを願います。

アリストテレス「形而上学」まとめ

アリストテレス形而上学」は自然の原理を度外視して考える学問のことです。
プラトンとの違いは
①あらゆる物や生物そのものに本質がある。
②中庸をとる人柄が大事
③友愛が必要
ということを見てきました。

アリストテレス

人間は共同体(ポリス)的動物である。

アリストテレスのこの言葉は有名です。

プラトンとアリストテレスの対立から思想を見ていけば、共感しやすいな。

参考文献
「新 倫理」改正版 清水書店 平成9年,「哲学用語事典」小川仁志 2019,「哲学と宗教全史」出口治明 2019 

コメント

タイトルとURLをコピーしました