哲学

ベルクソン「思想と動くもの」を読んでみよう。

ベルクソンは時間と直観についての哲学で有名です。1927年にノーベル文学賞。彼の思想を「思想と動くもの」から読み解きます。一般の哲学を破壊するような哲学とは、どのような思想なのでしょうか。
哲学

鏡像段階とはー私はどのように自分をイメージするのか

ラカンは鏡像段階といって生後6ヵ月頃になると、外部の世界から自分の身体イメージを得ます。これがなぜ問いとして取りだたされるのか。精神分析を構造で見るとはどういうことかを見ていきます。
自己啓発

SNSで知的に見える人とはー「勉強の哲学」から考察

あなたがSNSで知的な人だと思う人はどんな人ですか?知的な人を深く学んでいる人として、具体的に見ていきます。実行すると、あなたも知的になれるかもしれません。
哲学

ラングとパロールとはー言語が変わっていく理由。

ソシュールは言語をラング、パローム、ランガージュの3つの意味に分けて考察しました。なぜ分けて考察したのでしょうか。それを知ると、辞書が改訂される意味がわかります。そして、言語から考えられることが増えます。
哲学

シニフィアンとシニフィエとはー絵文字を考えよう

シニフィアンとシニフィエを知ることは、SNS文化が一般的になった私たちにとって必要になっています。絵文字が発達している背景とは何か、円滑なコミュニケーションで気をつけることは何かを具体的に紹介していきます。
哲学

【 シグニファイアとは 】デザインから得るヒントを考察

シグニファイアとは、デザイン論で意識されている言葉です。デザインされたモノが増えてきた現代において、シグニファイアを意識することは役に立ちます。
哲学

クワインの「翻訳の不確定性」を具体例で紹介。

翻訳の不確定性を知ると、なぜ会話がかみ合わないのか、なぜ翻訳が問題視されるのかがわかります。知ると、その言葉自体に興味を持てるようになります。
哲学

ハイパーリアルとはー私たちが考えを変える理由。

ハイパーリアルはボードリヤールが唱えました。これを知ると、私たちが考えを変える理由がわかります。現代社会が差異の大量消費に苦しんでいることを見ていきます。
哲学

言語論的転回とはー「哲学は科学」と言われる理由

哲学は科学的である。そのように言われる理由を探っていきます。哲学は論理的です。それを見ていく為に言語論的転回を見ていきます。これを知れば、哲学をもっと身近なものとして受け入れられます。
哲学

「全体主義の克服」今の全体主義をわかりやすく解説

私たちは気がつかないうちに全体主義に組み込まれています。非民主的なインターネット、管理されるデジタル社会、など無意識に組み込まれている問題を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました