レヴィナスの「顔」とはー全体主義との関係をわかりやすく解説

レヴィナスの「顔」とは哲学

レヴィナスの「」を知ると、私たちがなってしまいがちな全体主義の欠点が見えてきます。

レヴィナス
レヴィナス

ちなみに、私はこんな顔(1906-1995)

レヴィナスのイメージはこうですが、「顔」を説いたレヴィナスの哲学を見ていきます。
社会が不安定な時に人は強いリーダーに頼りたくなると言います。
強いリーダーを立てる全体主義の欠点を知ることは、今の時代に役立ちます。

レヴィナスの「顔」とは

レヴィナスの「」は、実体的な顔のことではなく、他者の他者性を意味する比喩的な概念として捉えます。(哲学用語図鑑
このイメージを具体例でみていきます。

おやつちょうだい。

はい、どうぞ。

おいしかった!でも、もっと欲しい。

これはお姉ちゃんの分だけど、食べちゃうの?

うーん、そっか、じゃあもういらない。

例で言うと、子どもは他者性を意識しないときには、自分の食欲に忠実です。
しかし、姉という他の人を意識したときに、食欲を我慢できました。
子どもの脳裏には、姉のことが頭に浮かんだはずです。
これがレヴィナスの「顔」の概念です。


「顔」を見なければ他者とのかかわりはありません。
しかし、姉の「顔」と関係したからには、自分が食欲を抑えなければ、姉が悲しむという倫理的な責任をおいました。

人は私が解釈した私中心の世界を持っています。
私中心の世界から他者の「顔」を見ることで、その「顔」に責任をおいます

では次に、人が私中心の世界を創りあげる要因を次に見ていきます。
それにはイリヤが関わっていますので、イリヤも説明していきます。

レヴィナスの「顔」とイリヤ

レヴィナスの「」とイリヤの関係をみていきます。

レヴィナスが私中心の世界を創りあげた要因にイリヤがあります。
イリヤとは、主語無き存在ですフランス語で「~がある」を意味します
すべてが自分とは無関係に存在している状態を言います。(哲学用語事典

レヴィナスにとってイリヤは恐怖の存在です。
そのイリヤから逃れるために、私中心の世界を創りました。
いわば、私中心の世界とは現代ではひきこもりのイメージです。
私中心の世界に、イリヤは入れません。
私がイリヤを解釈したときには、自分と関係を持つのでイリヤではなくなるからです。

しかし、世界は存在であるイリヤであふれています。
私中心の世界に固執すると、私の世界の中にはないイリヤは恐怖になります。
では、具体例からなぜレヴィナスはイリヤを恐怖の存在と捉えたのかを見ていきます。

レヴィナスにとってのイリヤの具体例

レヴィナス
レヴィナス

私は第二次世界大戦中ユダヤ人の息子に生まれたよ。

じゃあナチスによる迫害があったの?

レヴィナス

私自身は、強制収容所にいた。
家族、親戚、知人のほとんどが殺されてしまった。

ひどい!

レヴィナス

解放されると、世界は何事もなかったかのように存在していた。

この世の存在が信じられなくなったんだね。

レヴィナス

そうだね。何が存在しているのか、わからなくなった。
何かが存在してるけど、わからないからイリヤって名付けたんだ

わかる存在を私中心の世界において、わからないものをイリヤとして外においたんだね。

レヴィナス

そうイリヤから逃れたかったんだ。
ひきこもっていたかった。
でも、私はイリヤがあることを知っている。

知っているけど、私中心の世界にいてイリヤに関わらないことは、自分とは違う犠牲者を生み出すことになるかもしれない。

レヴィナス

そうだね、自分が受けた迫害が無駄になる。
意味がある世界は、他者がいる世界なんだ

私中心の世界は、恐怖のイリヤに囲われています。
イリヤに囲まれた私中心の世界から脱出するために、レヴィナスは「顔」に着目しました。

レヴィナスの「顔」から、私中心の世界を脱出する

私中心の世界を脱出するにはどうしたらいいでしょうか。

それは、他人の「顔」を見たときだとレヴィナスは言います。

子どもが姉を意識して自分の食欲を抑えられたように、他者の「顔」を意識することで無条件に他者に責任を負います。
もし、子どもが姉のことを無視しておやつを食べてしまったとしても、その罪悪感が残ってしまうということです。
私中心の世界は、他者の「顔」に責任を負うことで、その世界を脱出します

イリヤというわからない恐怖が、個別的な「顔」になります。
個別的な「顔」になれば、その「顔」の他者に対して自分で対応がとれます。
迫害の恐怖から逃れられない個人を助けることも、その迫害を支持する人に対抗することもできます。

では次に、この「顔」を意識することと現代社会を覆いやすい全体主義との関係を見ていきます。

レヴィナスの「顔」と全体主義との関係

レヴィナスの「」と全体主義との関係をみていきます。
まず、全体主義とは何かをみていきましょう。

全体主義とは

全体主義とは、個人よりも国家、民族、人種などの集団を優先する思想です
単独の政党が集団優先の思想を強制します。(哲学用語図鑑

人は孤独の不安やむなしさから、一体感を求めて思想によってつながろうとします。

その過程で、カリスマ的な指導者を立てて大きな思想集団を作り上げます。
例でみていきます。

おじいさん

ナチスが優れているというナチズム。

高校生

日本が一番。

先生が並びなさいって言ってたから、みんな並ぶよ。

みんながやるからやるという心理学のバンドワゴン効果もありますね。
その効果でも、人は集団思考をつくりやすいことが見てとれます。

しかし、忘れてはいけないのは、全体主義により迫害が引き起こされたことです

全体主義は他者を受け入れることはありません。
受け入れると、全体が崩壊してしまうからです。
他者を受け入れませんが、対立するものとして他の存在があることは知っています。
存在というイリヤがあることを知っていますが、事実を見るわけではなく、それに対抗するように自分たちの存在を強調します。
こちらの集団の方が強くて有益なことを主張します。

レヴィナスの「顔」が全体主義の問題を解決する

全体主義は、レヴィナスの「顔」を見ません。
他者を受け入れていないからです。

受け入れないということは、迫害があったように、他者を人間として見なくなるということです。
今の私たちは戦争をしていませんが、世界に貧富の差があることは知っています。
その問題に目をつぶって、自分の集団をもっとよくするための思考をします。

経済状況が悪くなると、法令を順守しなくても「異次元」の政策を実行できる強いリーダーをもとめるようになってくると、こちらの本では語っています。
未来への大分岐 マルクス・ガブリエル 斎藤幸平 2019)

裕福なはずなのだけれど、もっと裕福になれるような経済発展を望んだり、もっと便利で快適な社会を望んだりすることを集団思考で求めます。

そして、ふと募金を募る、飢餓で苦しんでいる子どものポスターを見ては、見て見ぬふりをしてしまいます。
考えているようで、その事実を直視しなくなります。
反知性主義にも見られる、事実を見ようとしない態度です。
私は私、他は他という相対主義による態度でもあります。

そんなとき、その事実を知り他者の「」に責任を持つことで、全体主義から抜け出ます。

レヴィナスの「顔」まとめ

レヴィナスの「」は、実体的な顔のことではなく、他者の他者性を意味する比喩的な概念として捉えます

人はイリヤから逃れるため、私が解釈する私中心の世界にひきこもります。
イリヤとは、すべてが自分とは無関係に存在している状態です。

そのひきこもりの状態から脱出するために、レヴィナスの「顔」に着目します
そうすることで、他者に責任を負います
責任を負うことで、全体主義にある迫害から自分や周りの人々を助けます
レヴィナスは道徳を取り扱う倫理哲学者と言われています。
全体主義から抜け出すために、レヴィナスの倫理哲学をみていきました。

未来への大分岐!世界が変わろうとしてる今、倫理哲学の必要性が説かれているね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました