シニフィアンとシニフィエとはー絵文字を考えよう

シニフィアンとシニフィエ哲学

シニフィアンとは、文字や音声で意味しているもの

シニフィエとは、文字や音声からイメージされるものを言います。

ソシュールが唱えました。

そして、シニフィアンとシニフィエがあわさったものがシーニュ記号)です。

どうして記号を二つに分けたの?
頭に入ってこないよ。

記号を二つに分けたのはなぜ?

シニフィアンとシニフィエを理解しながら、具体的に見ていきます。(哲学用語図鑑 参照)

シニフィアンとシニフィエとは

シニフィアンとシニフィエはソシュールによって唱えられました。

フェルディナン・ド・ソシュール(1857~1913)は「近代言語学の祖」と言われるスイスの言語学者です。

まずはシニフィアンを詳しく見ていきます。

シニフィアンとは

シニフィアンとは、文字や音声で意味しているものです

まずは音声を見ていきます。

例えば、この読み方を見て下さい。

「カネ」「チョウ」

見ただけでは、お金のことなのか、鐘のことなのかわかりません。

蝶なのか腸なのか、中身はわからないのですが音だけはわかります。

この音声だけがわかるのがシニフィアンです

さらに、文字にも触れます。

文字には言葉という意味もありますが、ここでは形のことを表します。

これを見て下さい。

「蕨」「塒」「心太」

読めた人はすごいといわれる漢字を上げました。

読めませんよね。

ちなみに、答えは「わらび」「ねぐら」「ところてん」と読みます。

読めなかった人は、漢字の形だけを見ていました。

この形だけがわかる状態(読めていない状態)がシニフィアンです

シニフィアンは記号表現とも訳されます。

なぜ読めない漢字を出したのかと言うと、読むことによって私たちは想像するからです。

次に記号内容とも言われるシニフィエを見ていきましょう。

シニフィエとは

シニフィエとは、シニフィアンからイメージされるものを言います

シニフィエは記号内容とも訳されます。

例えば、音声で「カネ」と聞いたとき。

私たちはお金のことをイメージしたり、鐘のことをイメージします。

このイメージがシニフィエです。

「わらび」「ねぐら」「ところてん」と聞いたときに、イメージが頭の中に浮かんだ方も多いのではないでしょうか。

シニフィアン=記号表現
シニフィエ =記号内容

難しい漢字ではなくても、「天体」と書くのにルビでは「そら」となっていたり、「聖域」のルビが「サンクチュアリ」となっていたりします。

この場合はルビで内容を理解しています。

記号表現から記号内容をイメージすることがシニフィエです

ところてんならわかる!おいしい。

経験に基づいてイメージされているね。

シニフィアンとシニフィエには相互関係があります。

なので、シニフィアンとシニフィエをあわせたものを記号(シーニュ)と言います。

私たちは二つを普段は意識せずに、記号として使いこなしています。

しかし、言葉の結びつきは必然性があるのでしょうか

ここにシニフィアンとシニフィエを分けた理由があります。

詳しく見ていきましょう。

シニフィアンとシニフィエを分けた理由

シニフィアンとシニフィエを分けた理由の一つに、言語の恣意性があります

恣意とは自分の思うままのことをいいます。

例えば、「チョウ」と表記されていたときに蝶をイメージしました。

けれど、蝶のイメージは日本人とフランス人では違います。

フランスでは「蝶」と「ガ(蛾)」を分けないからです。

日本人が「チョウ」と聞いたときにイメージするのは、モンシロチョウやアゲハチョウなどの「キレイな蝶」です。

一方、フランス人が「パピヨン(蝶の訳)」と聞いたときには、「蝶」と「ガ」の両方がまざってイメージされます。

これは「ガ」を嫌いがちな日本人にとってはキレイではないイメージです。

「ガ」は怖いよ。

そのイメージもどこから来たのかな。

稲を大事にする日本人にとって「ガ」は害虫だったので、分けたのかもしれません。

🦋に対してまとめてみます。

日本人:シニフィアンは2つ、シニフィエも2つ。「蝶」と「ガ」

フランス人:シニフィアンは1つ、シニフィエも1つ。「パピヨン」

最近ではパソコンやSNSでも文字を変換すると絵文字がでてきます。

🦋(記号)に対して、日本人は「蝶」と「ガ」と呼び、フランス人は「パピヨン」と呼びます。

文化によって記号の文字や音声、そこからイメージされるものまで違っていますね。

これを言語の恣意しいと言います。

ソシュールは言葉を記号だと考えました

他の例も見ていきましょう。

🌈(記号)
日本人は「ニジ」と言い、7色だとイメージします。
ドイツ人は「レーゲンボーゲン」と言い、5色だとイメージします。

シニフィアンとシニフィエを分けないと、記号の理解が人によってできません

この言語の恣意性から言えることとは何か。

私たちが世界を言語で区切っているということです。

存在1つ1つによって世界観が出来上がっているのではなく、1つ1つを言語で区切ることで世界観を作っているのです。

これを日常に活用するとどうなるのか。

私たちはSNSで顔文字をつかうことが一般的になりました。

♡を出す場合、まず「ハート」と入力。(シニフィアン)
次に、そのイメージを付与したい文章に記号をつけます。(シニフィエ)

おはようございます♡

「おはようございます」と比べると、イメージに違いがでてきます。

このように、私たちは普段でも絵文字を多用するようになりました。

新しい世界観を作り上げているのです。

では、具体的に絵文字を考えてみましょう。

シニフィアンとシニフィエを活用した具体例

言葉を記号として捉えると言うことは、▢や♡といった記号を文字として捉えることです。

例えば、SNSで使用する💛を考えてみましょう。

シニフィアンでは「ハート」や「キイロイハート」と記入すると変換されます。

そこにシニフィエをつけてみましょう。

「幼い時の恋心」だとか、「めちゃくちゃ好き」というイメージを付与します。

これによって、私はSNSで💛を使用できるようになります。

使っていると、他の人にも私がその意味で使っているのだろうと伝わり、他の人もイメージで使うことができます。

共通にみえる記号です。

絵文字を多用することによって、語彙ごいが少なくてもコミュニケーションが取れるようになりました。

💛

たくさんのイメージが伝わってくる。

絵文字を使うことは、新たなイメージを増やします。

ただ、その弊害としてはイメージが固定されがちだということです。

今までは言葉を集めて私たちはイメージをしていました。

恋心に対して使っていた言葉、親身、恍惚、一途、陶酔、などといった言葉を使わなくなります。

💛を出せば意思伝達としては事足りてしまうからです。

人は言語世界の範囲内で思考するといわれています

コミュニケーションは円滑になる反面、話し合わないとシニフィエの違いは発見されなくなります。

シニフィアンとシニフィエのまとめ

シニフィアン=文字や音声(記号表現)
シニフィエ =シニフィアンから得るイメージ(記号内容)

2つを合わせたものを記号(シーニュ)とソシュールは言いました。

なぜ二つに分けて考えたかと言うと、シニフィアンとシニフィエの結びつきには必然性がないからです。

ソシュールは言葉を記号だと考えるので、これ言語の恣意性と言います

必然性がないので、文字や音声からイメージされるものは個人によって異なります。

🦋や♡が表しているものも個人によって違いました。

さらに、最近ではSNSでも絵文字が当たり前になってきています。

一般的になり、語彙よりも絵文字を発展させる文化が見られるようになりました。

語彙力が少なくても、円滑にコミュニケーションが取れるようになってきています。

ただし、このイメージの違いを表すには、言葉による説明が必要です。

記号に意識的になれるね。

さらに言語の恣意性が気になった方はこちらもどうぞ。
>>クワインの「翻訳の不確定性」を具体例で紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました