【4枚カード問題】わかりやすくなる心理学

わかりやすくなる心理学心理学

4枚カード問題によって、あなたが物事をわかりやすくなるのを実感してもらいます。
これを知れば、伝える技術が上がります。

コミュニケーションに役立ちそう!

このブログでは哲学について解説しています。
オッカムの剃刀を説明したり、子どもに哲学を教えるにはなどわかりやすく伝えることに取り組んでいます。

4枚カード問題(ウェイソン選択問題)

4枚カード問題ウェイソン選択問題)を体感してもらいます。

ある正解率の低い問題を出します。

片方の面にはアルファベットが、もう一方の面には数字が書かれている、4枚のカードがあります。
それぞれのカードで
「片方が母音ならば、そのカードのもう一方の面は偶数でなければならない」
というルールが成立しているかを確かめたい。
調べる必要があるカードはどれだろうか?



難しいよー!頭に入ってこない。


答えは「E」と「7」になります。
答えを理解する前に、次の問題を解いてみてください。

先ほどよりも、正解率の高い問題を出します。

4人が飲み物を飲んでいる、4枚のカードがあります。
「アルコール飲料を飲んでいるならば、20歳以上でなければならない」
というルールが成立しているかどうかを確かめたい。
調べる必要があるカードはどれだろうか?


ワインを飲んでいるのは誰かは調べなきゃ。
紅茶は誰が飲んでてもいいし、おじいさんが何を飲んでてもいいかな。
女子高生がお酒を飲んでいたら注意するよ!

その通りです。
答えは「ワイン」と「16歳」のカードになります。

 

この二つの問題は論理的には全く同じものになります。
ウェイソン選択課題」として知られています。

 

心理学ではその理由を、裏切り者を迅速に発見することのできる、私たちの認知メカニズムに求めています
「善意という暴力」(2019)堀内進之介』参照

すごい!
同じ論理問題なのに、難しさがまったく違う。
どうしてこんなに違うんだろう?

ちなみに、問題1をこの法則に当てはめて説明してみます。

片方が「母音」ならば、そのカードのもう一方の面は「偶数」でなければならない。
                 ↓
片方が「未成年」ならば、そのカードのもう一方の面は「お酒ではない」でなければならない。

「カッコ」に入る言葉は書き換えが可能です。
なので問2のようなわかりやすい例えにかえます。

女子高生のEさんはお酒を飲んじゃダメだから、Eさんはチェックする。おじいさんのKさんは何を飲んでてもいいかな。2紅茶も誰が飲んでもいい。7ワインは未成年が飲んでちゃダメだからチェックする。

これで答えは「 E 」と「7」になります。
母音や偶数奇数だと擬人化しにくく、裏切りを発見するメカニズムも働きません。
次に、裏切り者を発見するメカニズムを見ていきます。

4枚カード問題に見られるメカニズム

4枚カード問題には、裏切り者を迅速に発見するメカニズムがある著者はいいます

①公正化世界仮設

②返報性の法則

これらを見ていきます。

公正化世界仮設

私たちの感情は、ズルい裏切り者を許さないようにできていると、著書では述べられています。

高校生
高校生

お父さん、ワイン飲んでもいい?

おじいさん
おじいさん

ダメ!

感情的にも子どもが法律を破ることには抵抗を覚えます。

私たちはどうして裏切り者を見つけるのが得意なのでしょうか。
社会心理学には「公正化世界仮設」という考え方があるそうです。

公正化世界仮設?

「単純化していえば、善い事をすれば善い事が起こり、善くない事をすれば善くない事が起こるという考え方だ」
理不尽で納得がいかない心の状態は誰でも不愉快なため、簡単に納得できる説明を求めてしまう、と説明されています。


ここでは、20未満の子どもがお酒を飲むことは法律で禁止されている、という簡単でわかりやすいルールに基づいて、おじいさんは女子高生にダメだと言っています。
この法律があるおかげで、他の物事を説明せずにすんでいます。
法律に反するから裏切り者」だと思うことで物事を理解しやすくなります。

この公正化世界仮設の他にも、私たちは返報性の法則を持っています。

返報性の法則

他者から何かを与えられたら、自分も同じく相手に何かお返しをしようとする心境です。
この法則は根強く、人間文化の中でもっとも基本的な要素となっているようです。
なので、これが破られると破った人を裏切り者と認識しやすくなります。

何かされたらお返しをしなきゃって思うけど、逆に、こんなにしてあげたのに何もしてくれないの?って思っちゃうこともあるよね。


これら2つのメカニズムによって、裏切り者は認知されやすくなります。

4枚カード問題のまとめ

4枚カード問題を実感してもらい、次にそのメカニズムを説明しました。

そっか、私たちは何かを理解しようとするときに、ストーリーや例題があると理解しやすくなる。
実際にそうだとは思っていたけれど、その詳細に触れたことはなかったよ。

私たちの物事の理解の仕方には、ルールとその単純化が埋め込まれています。

私はブログでわかりやすく伝えたい!
だから、わかりやすくなる心理学がわかってよかった。

善意という暴力 (幻冬舎新書) [ 堀内進之介 ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました