記憶とはーストア派哲学から、記憶力がないと役立つ心理学

記憶とは心理学

記憶とは何か。
記憶力の正体」(高橋雅延 2014)を参考に、ストア派哲学が考えていた記憶から役立つ心理学をみていきます。


情報量が多いこの社会。
記憶力が良くなればいいなと思ったことはありませんか?

よく思う!私は忘れっぽいんだよね。

しかし、これを読むと記憶力がなくてもいいかな、と思えるようになります。
記憶を忘れてから思い出すことによる、利点がありました

記憶とはーストア派哲学が考えた記憶

ストア派哲学が考えた記憶を見ていきます。
ここで言う記憶は、一般的な辞書の意味での、過去に経験した事を忘れずに覚えていることや、その覚えている内容です。
本ではストア派のマルクス・アウレーリウスの言葉を紹介しています。

「君がなにか外的な理由で苦しむとすれば、君を悩ますのはそのこと自体ではなくて、それに関する君の判断なのだ。
ところが、その判断は君の考え一つでたちまち抹殺してしまうことができる。」(本文抜粋

この君を悩ましているものが記憶になります。
ストア派によれば、思い出される記憶は判断です。
記憶に感情もつきものですが、感情というものはすべて理性的判断に基づいて起こると言います
この文で言うと、悪い思い出で落ち込んでいると思っていても、その記憶に意味をつけているのは自分なので、自分で自分を悩ましていることになります。
具体例で見ていきます。

高校生
高校生

また失敗して怒られちゃった。落ち込むな。

どうしたの?

高校生
高校生

アルバイト先で手際が悪いって怒られたの。

それで落ち込んでいるの?

高校生
高校生

もうアルバイトやめようかな。

ちょっと待って!私そのアルバイト先の人知ってるんだけど、意地悪する人ではないよ。

高校生
高校生

意地悪じゃないの?

どうやって新人さんを指導したらいいのか悩んでいたよ。

高校生
高校生

えっ、私のことを考えて言ってくれてたのかな。

誤解がとけたら、いい思い出になるかもね。

記憶を呼び起こして語るとき、私たちは自分にとっての意味をそこにつけ加えます
以前に紹介した、一人ひとりの人間の視点という「意味の場」にもあてはまります。

ストア派といえば、欲望や感情に振り回されない禁欲的な生き方を目指した哲学として知られています。
欲望や感情を理性で制限して、禁欲的に生きられると考えたのです。
つまり、記憶での感情も理性的判断によって、抑えられると考えました
例で悩んでいた高校生は、実は教えてくれる人はいい人、と考えることによって自分の負の感情を抑えつけたのです。


心理学においては、感情は理性的判断だとは必ずしも完全に支持されているわけではないようです。
しかし、私たちの感情が理性的判断に左右されることがあることは事実です

このストア派の考えをふまえて、記憶力がないと役立つ心理学を見ていきます。

記憶とはー記憶力がないと役立つ心理学

記憶から理性的に判断された出来事は、私によって語られます。
それがどうして、記憶力がないと役立つ心理学になるのか。
それは、わかりやすく、伝わりやすい形になるからです

心理学者フレデリック・バートレットの実験を元に考察していきます。

バートレットの記憶の心理実験

1932年にバートレットは書物を出版。
その中で、記憶に関する実験をしました。
その実験を簡略化したものを書いていきます。
この二つの文章を読み比べて下さい。

ある晩のこと、エグラクの二人の若者が、アザラシ猟のために、川を下って行った。
川を下ると、霧が出て、静かになった。
遠くで、戦いの声を聞いた。
5人の男が乗った一そうのカヌーが現れて、「我々は川をさかのぼっている」と言った。
若者の一人は「私は矢を持っていない」と言った。
もう一人は「矢はカヌーの中にある」と言った。
若者の一人はカヌーに乗り、一人は帰った。

カヌーに乗った若者は冒険の後、岸にあがって家に帰り、火をたいた。
若者は「おどろいてはいけない。私は幽霊と一緒になって戦いに行ってきた。私は苦しくなかった。」
こう語ると、彼の口から何か黒いものが吹き出した。
彼は死んでいた。

 
この物語を読んだ後、実験者にこの物語を思い出しながら語ってもらいます。
 
どこかで二人の若者が釣りに出かけた。
釣りをしていると、遠くの方で騒がしい物騒な音を聞いた。
カヌーに乗った男たちが現れて、「争いに参加しないか?」と聞いてきた。
一人は断ったが、もう一人はついていった。

ついていった若者は、家に帰宅したがどこか様子がおかしかった。
若者は「おどろかないで聞いて。カヌーの男たちは幽霊だったんだ!」と冒険談を語っていると、口から血を吐いた。
そう、彼は死んでいた。

この物語は同じ物語です。
もとの物語と思い出された物語を比較すると、全体の情報量は大きく減っています。
男たちは何人だったかとか、どこ出身の若者かなどといったことは記憶から消えています。
そして、書かれている言い回しは現代風になっています。
(実験の詳細は本で紹介されています。知りたい方はこちら。)

バートレットは物語を聞いた一日後、八日後など実験者に思い出してもらいました。
その結果、ますます理解しやすくなり、物語の本質的な意味だけが抽出されていることがわかりました
その本質的な意味は「どこかの若者二人が出かけていって、そのうち一人は戦いに行き、帰還すると死んでしまった」です。

この実験の結果からも、人間は常に何らかの意味を求める存在であるという考えにバートレットは至りました。
そして、忘れたからこそ、その人なりの要点をまとめてわかりやすく伝えることができたと言います。
つまり、記憶力がないおかげで、わかりやすく、伝わりやすくなったのです。

記憶とは人間の物語である

実験によって、人間は意味を求める存在だとわかりました。
本では、記憶とは人間の物語である、と述べられています。
日常的にも私たちは意味を求めている場合があります。

例を見ていきます。

高校生

パソコンってなんでも検索すればでてくるよね!
もう記憶力ではかなわないな。

そうだね。でも、記憶を思い出すことによる意味理解なら、まだ勝てるよね!

意味を求めてそれによって語るという点で、今はまだ人工知能に劣っていません。
その意味においても、意味理解は価値があります。

高校生
高校生

この文章を読んでみて!
採点するとか、勉強するとか、どの視点に立っているかで、読んだときに記憶することが違ってるよね?

本当だ!採点の時は批判的に読むから、そういうところを記憶してる!

この例で言えば、意味理解によって記憶することまで違っていました。


高校生

この形なんだと思う?〇

お月様?

このように、形に意味を与えます。
すると、次にこの前の形はどんな形だったか描いてもらうと、お月様に似た形を描くようになります。
意味を持たせると、想起しやすくなり説明もしやすくなります。


さらに、物語や説明に関して、起承転結で意味を持たせると分かりやすくなります。

高校生

聞いて!昨日見た猫、すごく可愛かったんだよー!

それで?

高校生

……。

ここで、意味を求めると喧嘩に発展する場合もあります。
意味を求めない場合があることには注意しましょう。

さらに、自分の物語を語る上で、いろいろな物事に関連付けると忘れにくくなるという研究結果があります。
感情、五感、環境などです。
それらは自分で関連付けるので、その人らしい物語が出来上がります。
記憶力がないことをどうにかしようとして、その結果、独自性が増します

記憶とはーまとめ

記憶とは、見たものをそのままの形で再現することではありません。
ストア派哲学によれば、感情は理性的判断によって想起されるといいます。
つまり、記憶とは理性的判断による「語り」です
そこから、記憶とは人間の物語であると推測していきます。

その理性的判断から、私たちは記憶をよりわかりやすく伝わるように組み立てます。
詳細を忘れてしまっても、人には伝わりやすくなる、ということです

さらに、記憶を忘れても思い出そうとすることで、その人の物語になります

思い出せば思い出すほど、私は伝わりやすく独自性をもった文章がかけるってことだね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました