天才の正体とは ー「残酷すぎる成功法則」から

自己啓発

天才を実感するストーリー

残酷すぎる成功法則」エリック・バーカー(2017)を読みました。

その中でこんな天才に関するストーリーが出てきます。


1997年、
コンピューターと人間で賢いのはどちらか」を調べるため、チェスの元世界チャンピオンカスパロフがIBMコンピューター、ディープ・ブルーと対戦しました。

カスパロフは12年間も世界チャンピオンに君臨しているチェスの王者でした。

「前年も勝っているから、今年も楽勝だ!」


ところが、

訳がわからない。どうしてこんな手を打ってきたんだ?


という一手をコンピューターが第1ゲームの44手目に打ってきました。

・・・・(理解ができない


カスパロフは世界の王者だったので、彼が理解できなければ、誰にも理解できません。

「もしかしたら、コンピューターが賢くて10手先ではなく、20手先まで考えているのかもしれない。私の頭では理解できないことをしているのかもしれない・・・」


結局44手目はゲームの行方に影響せずに、カスパロフは勝利しました。
しかし、彼は見るからに動揺していました。


第2ゲーム目で、コンピューターはまたも説明のつかない動きをみせました。
カスパロフはまた困惑し、今回は負けてしまいました。


彼は守りのスタイルに入り、第3、第4、第5試合はすべて引き分け
そして最後の第6ゲームで彼は初歩的なミスを犯して負けました。
(カスパロフ1勝2敗3分)

その結果、コンピューターがついに人間に勝利しました!


ここで実際にあった話は終わりなのですが、この話には続きがあります。

「ディープ・ブルーは本当に人間チャンピオンの頭脳を上まわる天才だったのだろうか?」



事実は逆でした。

第1第2ゲームでの説明のつかない動きは、実はコードエラーによるソフトの誤作動でした。
しかし、彼はそんなことを知る由はありません。
彼はコンピューターのランダムな動きを、天才的で揺るがない自信、自分より優れた知性の証として読み取りました。
その結果生じた自信喪失が、彼の敗北を招きました

この話は本の中の「できる」と自信を持つのには効果がある?
という章で取り扱っている話です。

自信があるとコントロール出来ているという感覚が得られる。

試合ではカスパロフがその感覚を失ったから、彼は自信を失って対戦で敗北した、とまとめていました。

天才とは何か。

そっか、自信を無くしたから負けたんだね。
でも、この話って天才とは何かを考えるヒントになるんじゃないかな?


このストーリから、人が天才と思うのは自分の理解を超えるから、と読み取れると私は思いました。
天才の定義や天才について想像することは様々だと思いますが、この話から得られる天才像です。
カスパロフはチェスの天才です。
誰よりもチェスに詳しい彼がコンピューターをチェスの天才だと言えば、それを否定できません。
逆に、天才と言われて初めてコンピューターを天才だと意識します。

チェスに詳しくない私がコンピューターを見ても、天才とは思わなかった!


その道に精通している人が、自分の理解を超えるときに天才と考えはじめます
例えば、チェスに詳しくなって練習を積んできたけれど、どうしても勝てそうにない相手に出会ったとき、人はその人を天才とみます。
他にも、絵を描いてきたから芸術品を理解できたり、文章をよく読んでいるから文才を感じられるようになったりします。

そっか、天才と思うことが出来るのは、そのことに詳しいからなんだ!


このように天才を考えると、自分で自分を天才と思うには、他人の評価が必要になります。
ただ、天才カスパロフも判断を誤るように、その評価が絶対的だとは言えません。

自分のことはわからない。

天才はいいよね。私は天才を意識すると、気持ちが落ち込んじゃう。



こんなことを思ったことがあるかもしれません。
その前の段落から言えば、天才を意識できるだけでまずその道に精通してきたことだと言えます。
そして、こんなことを思うかもしれません。

私がいくらがんばっても、がんばったことをすぐにやってしまう人がいるよ。それに、必死にたどり着いたことが本にもう書かれていたり、実践している人がいたりする。



ここで前の記事を参照にすると、「自ら直接に根本的に問題にしている」ことが自分で思想できることになります。
例えば、すぐに出来たものはあまり記憶に残りません。
昔を振り返ってみて、その頃は慣れ親しんでいた友達の名前や、なんとなく歌っていた校歌など、大半は忘れてしまっています。
けれど、懸命になんとかしようとした事柄は記憶に残りやすくなります。

私はつらい思いをした部活や、受験。出来なくて苦労したことは覚えてる!
自分を卑屈に思うことも多かったけど、自分に身についてるみたい。


天才は、その道に精通して初めて意識できる。
天才は、他人の評価からしかわからない

そう思えば、自分は出来ないと落ち込むことも、才能がないからやめようと思うことも減るね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました