哲学

哲学

ショーペンハウアーにおけるプラトンのイデアとは

ショーペンハウアーとプラトンのイデアの違いを見ていきます。著書「意志と表象としての世界」におけるイデアの違いを見ていきます。イデアは私の現象の理解に役立ちます。
哲学

自然物と人工物の違いとは

プラトンのイデアから自然物と人工物の違いに迫ります。ショーペンハウアーの「意志と表象としての世界」を参照にします。これを知ると、人工物と自然物の違いを言うことができるようになります。
哲学

ソクラテスの対話とは。「対話を消滅させる対話の目的」

ソクラテスは問答法による対話で「無知の知」を自覚させてきました。しかし、彼は対話を信じていなかったと言われています。では、対話の目的は何だったのか。それを考察していきます。
哲学

ドゥルーズとショーペンハウアーの思考の類似点

ポスト構造主義に代表されるドゥルーズと、盲目的な意志を説いたショーペンハウアーの思考の類似点を述べていきます。ショーペンハウアーが時代の先を行きすぎていると言われた理由がそこにあると私は考えました。
哲学

ポスト構造主義とは何か。固定的な思想の乗り越え方。

ポスト構造主義とはどんな思想の流れなのかを解説しています。これを知れば、現代の思想のキーワードを知ることができます。中動態、ネガティブ・ケイパビリティといった用語は今の時代に合っています。
哲学

生の権力と中動態。私たちが支配をうける身近な権力とは。

ミシェル・フーコーの説いた生の権力を中動態という言葉を使って説明します。読めば身近なところでも、私たちは支配を受けていることがわかってきます。
哲学

「放下(ほうげ)」とはー「原子力時代における哲学」から解説

マルティン・ハイデッガーは1955年に原発に反対したただ一人の哲学者です。彼はどのように反対ができたのでしょう。そのヒントが『放下(ほうげ)』にあります。読み解いていきましょう。
哲学

「ある」を確信しているのはなぜか。エポケーしてみよう。

私たちは日常生活でモノがあることを確信しています。その意識で起こる確信を考えるのが現象学、その一つの方法がエポケーです。エポケーをすることで、新しい概念の発見や自分を見直すことができます。
哲学

「脱魔術化」とは。「世俗化」と区別して違いを知ろう。

マックス・ウェーバーが説いた「脱魔術化」とは何かを解説していきます。マルクス・ガブリエルの考えにそって、よく誤解されがちな「世俗化」と区別していきます。
哲学

ベルクソン「思想と動くもの」を読んでみよう。

ベルクソンは時間と直観についての哲学で有名です。1927年にノーベル文学賞。彼の思想を「思想と動くもの」から読み解きます。一般の哲学を破壊するような哲学とは、どのような思想なのでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました